プレスリリース

2020年6月11日

いすゞ、路線バス「エルガ」、「エルガミオ」を改良し発売
-全車型で平成27年度重量車燃費基準を達成 エルガミオにAT車追加-

 いすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区、社長:片山正則、以下いすゞ)は、大型路線バス「エルガ」および中型路線バス「エルガミオ」を改良し、本日より全国一斉に発売いたします。

大型路線バス「エルガ」

エルガ

中型路線バス「エルガミオ」

エルガミオ

【大型路線バス「エルガ」/中型路線バス「エルガミオ」共通】
-全車型で平成27年度重量車燃費基準を達成-
ISS(アイドリングストップ&スタートシステム)のモメンタリースイッチ採用により、燃費性能が向上。
新たに、車両総重量14トン超AT車で平成27年度燃費基準+10%、14トン以下AT車で同基準を達成。
これにより、車両総重量14トン超AMT車での同基準+15%をはじめ、全車型で燃費基準を達成いたしました。
※モメンタリースイッチ:エンジン再始動時にISS(アイドリングストップ&スタートシステム)が有効な設定になる装置
【中型路線バス「エルガミオ」】
-AT(オートマチック・トランスミッション)車を新規設定-
さまざまな日本の道路事情に適応するため、エルガミオにAT車を新しく追加設定いたしました。
大型路線バス「エルガ」で実績を積んだ、優れた動力性能を備えたトランスミッションです。
・中扉開時の動力伝達カット機能
中扉が開いている際のクリープ状態を完全になくすため、動力伝達カット機能を採用。ギアが自動的にニュートラルに切り替わり動力の伝達を遮断。
乗降時の安全性に貢献します。
・予後診断機能
トランスミッション本体やオイル、フィルターの状態を監視し、さまざまな警報や最適な交換時期をインジケータに表示する予後診断機能を搭載。
不測の故障を抑制します。
【バス運転席の飛沫感染防止対策商品を発売】
新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた取り組みとして、運転席の飛沫感染防止対策商品を発売しました。運転席と座席の間に仕切りを設置することで、飛沫感染を抑制します。
飛沫感染防止対策商品

設置例:運転席左後方から

飛沫感染防止対策商品

設置例:運転席から

飛沫感染防止対策商品

取り付けキット一式

現在お使いいただいているバスにも取り付け可能です。
難燃性の部品を採用し安全性に配慮するとともに、バタつき防止マグネットや、吊り下げ部分にベルトを採用するなど使用の際の利便性の向上にも工夫を加えています
(詳細は、お近くのいすゞ自動車の販売店までお問い合わせ下さい)
※取り付けする位置や車両によっては、運転手からの車両左側の視界や車内外の各ミラー類が、透明シート越しでなければ視認できない状態になります。安全な運行を確保するために、透明シートを任意でカットしていただく等、運転視界の確保をお願いします。

<目標販売台数>

800台 / 年 (エルガ・エルガミオ シリーズ全体)
<東京地区希望小売価格>
車型 主な仕様 エンジン/
トランスミッション
東京地区希望小売価格
消費税抜 消費税込
大型路線バス
エルガ
2TG-LV290N3
  • 平成28年排出ガス規制適合
  • 平成27年度燃費基準+15%達成
  • ノンステップ都市型中乗り
4HK1-TCH
177kW(240PS)
6速AMT
25,076,000円 27,583,600円
中型路線バス
エルガミオ
2KG-LR290J4
  • 平成28年排出ガス規制適合
  • 平成27年度燃費基準達成
  • ノンステップ都市型中乗り
4HK1-TCS
154kW(210PS)
6速AT
22,149,000円 24,363,900円

関連ページ

ISUZU:バスシリーズ

以上