プレスリリース

2020年10月29日

いすゞ、タイで車両生産台数累計500万台を達成

 いすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区、社長:片山正則、以下「いすゞ」)は、10月28日、タイにおける車両生産台数累計500万台を達成しました。

 いすゞは、1963年よりタイにて生産委託によるトラックの生産を開始し、その後1966年には泰国いすゞ自動車株式会社(IMCT)を設立。半世紀以上にわたり、ピックアップ・トラック「いすゞD-MAX」をはじめとした商用車、PPV(Passenger Pickup Vehicle)を生産してまいりました。1974年にタイ国内向けピックアップ・トラックの生産を開始して以来、順調に生産台数を伸ばし、生産開始から56年と11カ月で累計500万台を達成したものです。
 1999年に開始したピックアップ・トラックのオーストラリア輸出を皮切りに海外への輸出も拡大し、2002年には、それまで日本で生産していた輸出向けピックアップ・トラックの生産もタイに完全移管しました。現在、タイはいすゞにおけるピックアップ・トラックのマザー工場にまで成長し、世界100カ国を超える地域にいすゞ車を供給しています。
 いすゞは今後も、世界各国でのお客様の多様なニーズに応える商品を提供し、ブランドと販売の強化を進めてまいります。

泰国いすゞ自動車株式会社 Isuzu Motors Co., (Thailand) Ltd.(IMCT)会社概要

本社所在地 タイ サムットプラカン県
設立 1966年 4月
資本金 85億バーツ
出資比率 いすゞアジア:71.1% トリペッチいすゞ:27.3% 他:1.6%
代表者 谷重 晴康
従業員 5,753人
事業内容 商用車、ピックアップ・トラックの製造および車両、コンポ、部品輸出卸販売
生産実績 (2019年)車両 319千台
生産能力 361千台/年(2直)

IMCT サムロン工場

IMCT ゲートウェイ工場

以上