プレスリリース

2019年8月26日
お知らせ

いすゞ「エルフ」誕生から60年

 いすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区、社長:片山正則、以下「いすゞ」)の小型トラック「エルフ」は本日、発売から60年を迎えました。これもひとえに皆様のご支援によるものと深く感謝しております。
 1959年8月26日、「エルフ」は「最も効率よく荷物を運ぶ」をコンセプトにクラス初のキャブオーバー型小型トラックとして誕生しました。以降、時代の変化やお客様のニーズに対応しながら進化を続け、現在では日本をはじめ世界約140か国で販売されております。累計生産台数は650万台を超え、シェアは日本でNo.1、海外においても多くの国でNo.1を獲得しており、ベストセラートラックとしてご愛顧いただいております。
 いすゞはこれからも「エルフ」とともに「運ぶ」を支え、世界中の豊かな暮らしづくりに貢献します。

※国内2-3トン積クラスキャブオーバー型トラック市場、自販連およびいすゞ調べ。

 なお、いすゞプラザでは、2020年4月末日まで「エルフ誕生60周年記念企画展」を開催中です。
歴代「エルフ」をご覧いただけます。

いすゞプラザのURL

https://www.isuzu.co.jp/plaza/index.html

 本日8月26日(月)の朝日新聞・産経新聞・日本経済新聞・毎日新聞・読売新聞(すべて全国版朝刊)に、「エルフ」60周年を記念した広告を掲載いたしました。

以上