プレスリリース

2019年6月19日
お知らせ

SNAMサステナビリティ・インデックスに選定されました

 いすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区、社長:片山正則、以下「いすゞ」)は、損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント社(以下「SNAM」)が独自に設定する「SNAMサステナビリティ・インデックス」の構成銘柄に、昨年に引き続き選定されました。同インデックスは、同社の「SNAMサステナブル運用」に活用されます。

 「SNAMサステナブル運用」は、2012年8月にSNAMが運用を開始したESG(環境、社会、ガバナンス)の評価が高い企業に幅広く投資する、年金基金・機関投資家向けのESG運用プロダクトです。調査会社によるESG評価を重視して投資銘柄を選定したうえで、「SNAMサステナブル・インデックス」に基づいて保有ウェイトを決定する運用を行っています。同インデックスは毎年見直しをされており、いすゞはESGに関する取組みが評価され2年連続で選定されました。

 いすゞは、様々なステークホルダーとのコミュニケーションを通し社会課題解決に向けた取組みを強化することで、「運ぶ」を支え、地球環境・社会の持続的な発展に貢献してまいります。

以上