プレスリリース

2019年6月11日

いすゞ、大型路線バス「エルガ」および中型路線バス「エルガミオ」を改良し発売
-ドライバー異常時対応システム(EDSS)を全車標準装備-

 いすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区、社長:片山正則、以下「いすゞ」)は、大型路線バス「エルガ」および中型路線バス「エルガミオ」を改良し、本日より全国一斉に発売します。

大型路線バス「エルガ」 中型路線バス「エルガミオ」

 いすゞは安全性の向上や、交通事故の解消といった社会課題の解決に向けた取り組みを進めており、今回の改良ではドライバー異常時対応システム(EDSS:Emergency Driving Stop System)とBOA(ブレーキ・オーバーライド・アクセラレーター)を全車標準装備しました。また、高度OBDに対応しています。

主な特長は以下の通りです。

【先進安全装備のさらなる充実】
・ドライバー異常時対応システム(EDSS)を全車標準装備
走行中、ドライバーが急病などで安全に運転できない状態に陥った場合、乗客や乗務員が非常ブレーキスイッチを押すことで、減速して停止させます※1。スイッチが押されると車内では音声アナウンスと赤色フラッシャーランプにより、異常時であることを乗客に伝達します。さらに、車外にはホーンを鳴らし、ハザードランプとブレーキランプを点滅させて異常事態を知らせます。路線バスの運行上必要となる立席の乗客の安全性に配慮し、観光バス用EDSSとは異なるブレーキ制御となっています。
※1:国土交通省策定「ドライバー異常時対応システム」技術指針に準拠。
・非常ブレーキスイッチ…運転席(解除機能付)
・非常ブレーキスイッチ…客席
・赤色フラッシャー…EDSSの作動を乗客に伝達
・BOA(ブレーキ・オーバーライド・アクセラレーター)を全車標準搭載
アクセルペダルとブレーキペダルを同時に踏み込んでしまった場合、エンジン出力を制御し、ブレーキ操作が優先されます。
【誰もが使いやすいイージードライブ性能】
・AMT(自動変速マニュアルトランスミッション)の性能が向上
扉の開閉操作により動力伝達の断接を自動で行うオートニュートラルを採用しました。また、自動変速の制御プログラムを改良し、より快適な走行と運転負担の軽減を実現しました。
【エクステリアの充実】
・ストップ&テールランプの改良
長寿命化と消費電力低減を実現するLEDストップ&テールランプを採用。高い視認性によりEDSS作動時には点滅により周囲に異常を知らせます。
【高度OBDへの対応】
エンジンと排出ガス後処理装置に各種センサーを追加・変更し、排出ガス性能にかかわる装置の故障診断の要件強化(高度OBD)に対応します。

<目標販売台数>

800台 / 年 (エルガシリーズ全体)
<東京地区希望小売価格>
車型 主な仕様 エンジン
トランスミッション
東京地区希望小売価格
消費税抜 消費税込
2TG-LV290N3
  • 平成28年排出ガス規制適合
  • 平成27年度燃費基準+15%達成
  • ノンステップ都市型中乗り
4HK1-TCH
177kW(240PS)
6速AMT
25,076,000円 27,082,080円
2KG-LR290J4
  • 平成28年排出ガス規制適合
  • 平成27年度燃費基準達成
  • ノンステップ都市型中乗り
4HK1-TCS
154kW(210PS)
6速AMT
20,899,000円 22,570,920円

関連ページ

ISUZU:バスシリーズ

以上