プレスリリース

2019年3月29日

いすゞ、中型トラック「フォワード」を全車コネクテッド化、
高度純正整備「PREISM(プレイズム)」に対応

 いすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区、社長:片山正則)は、中型トラック「フォワード」を改良し、本日より全国一斉に発売します。

中型トラック「フォワード」

 今回の改良では通信端末を標準搭載することによりコネクテッド化し、車両コンディションの遠隔把握及び本データを活用した高度純正整備「PREISM(プレイズム)」の実施が可能となります。また、安全性向上アイテムの追加、高度OBD対応等、総合的な商品力強化を実施します。

-本フォワードの改良により、いすゞ全トラックシリーズがコネクテッド化※1-

概要は以下の通りです。

-遠隔データを活用した高度純正整備「PREISM(プレイズム)」で稼働を最大化-
今回の改良では、これまでオプションとして展開していた通信端末をフォワード全車に標準搭載※2。車両心臓部のコンディションを、インターネットを介してお客様自身で把握可能となります。お客様と同時に、いすゞも車両の詳細データを把握しています。これにより、2015年より大型トラック「ギガ」で展開を始め、2018年には小型トラック「エルフ」にも展開した「PREISM」がフォワード全車で実施可能となります。
「PREISM」は、車両コンディションデータの活用により“未然に防ぐ・すぐ直す”をコンセプトとした高度純正整備で、休車時間の短縮に貢献するサービスです。また、いすゞのキャプティブファイナンス会社であるいすゞリーシングサービスとのメンテナンス契約により、いすゞが責任を持って「PREISM」を実施する「PREISMコントラクト」のご提供も開始。車両の稼働最大化に貢献する安心のサービスです。
いすゞの“つながる”トラックは、車両単独の性能を超えて、お客様の安心稼働を支えます。

※1 一部車型を除く。
※2 フォワード Fカーゴには2018年10月に商用車テレマティクス「MIMAMORI(みまもり)」を標準装備済み。

PREISMについて、詳しくはこちらをご参照ください。

-安全性能の向上と法規対応で更なる商品力強化を実施-
アクセルとフットブレーキを同時に作動させた場合ブレーキを優先させる、ブレーキ・オーバーライド・システムを全車に標準装備します。また、車両総重量8トン未満の車型にサイドアンダービューミラーを標準装備します。これにより、フォワードのすべての車型にサイドアンダービューミラーが標準装備されます※3。また、エンジンと排出ガス後処理装置に各種センサーを追加・変更し、排出ガス性能にかかわる装置の故障診断の要件強化(高度OBD規制)に対応します。

※3 車両総重量8トン以上の車両についてはすでに標準装備済み。

<目標販売台数>

16,500台/年(フォワード全体)
<東京地区希望小売価格>
車型 主な仕様 エンジン
トランスミッション
東京地区希望小売価格
消費税抜 消費税(8%)込
2RG-FRR90T2
  • 平成28年度排出ガス規制適合
  • 平成27年度重量車燃費基準+10%達成
  • GVW8トン車
  • ショートキャブ・エアサスペンション
  • キャブ付きシャシ
4HK1-TCS
154kw(210PS)
6速Smoother-Fx
8,046,000円 8,689,680円
以上