プレスリリース

2019年11月20日
お知らせ

いすゞ、夜間における隊列走行の後続車有人システムの公道実証に参画

 いすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区、社長:片山正則、以下「いすゞ」)は、2019年11月19日より、経済産業省及び国土交通省が実施する新東名高速道路での夜間における後続車有人システムの公道実証に参画します。

 いすゞは、これまでに政府が進める「未来投資戦略2018」に基づくトラック隊列走行の後続車有人システムの商業化に向けた公道実証に2018年1月より参画してまいりました。

 今般、走行距離の拡大を通じてトンネル等の道路環境や夜間走行も含めた多様な自然環境下での技術検証と信頼性向上を図るために実施される後続車有人システムの実証実験に引続き参画してまいります。

 いすゞは社会課題の解決に向け、今後も政府が進める実証試験に参画し、トラック隊列走行の実現に協力してまいります。

以上