社長メッセージ

代表取締役社長片山正則

いすゞ自動車は、5月13日、2019年3月期決算を発表しました。

【2019年3月期実績】
 2019年3月期の国内車両販売台数は、小型車の排ガス規制切替前の駆け込み需要を取り込み、前年度に比べ2,169台(3.0%)増加の74,431台となりました。
 海外車両販売台数は、タイでピックアップトラックが好調だったことに加え、アジアやアフリカの市場回復もあり、前年度に比べ28,261台(6.6%)増加の457,891台となりました。この結果、国内と海外を合わせた連結総販売台数は、前年度に比べ30,430台(6.1%)増加の532,322台となりました。
 車両以外の商品の売上高については、海外生産用部品が前年度に比べ△142億円(△19.8%)減少し574億円となり、エンジン・コンポーネントは、産業用エンジンの販売基数が伸びたことにより前年同期に比べ165億円(13.0%)増加の1,435億円となりました。また、その他の売上高は、アフターセールスなどの保有事業を伸ばした結果、前年同期に比べ239億円(5.8%)増加の4,329億円となりました。

 これらの結果、売上高については、タイ市場のピックアップトラックやエンジン・コンポーネント、保有事業の伸びにより前年度に比べ788億円(3.8%)増加の2兆1,492億円となりました。内訳は、国内が8,192億円(前年度比4.1%増)、海外が1兆3,300億円(前年度比3.6%増)であります。

 損益につきましては、上記の通りの増収効果と、原価低減活動を進めたことにより、営業利益は1,768億円(前年度比6.0%増)と増益となりました。また、経常利益は1,890億円(前年度比8.9%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は1,134億円(前年度比7.4%増)となりました。

【2020年3月期見通し】
 2020年3月期につきましては、産業用エンジンおよび保有事業の伸長により、増収を見込みます。
 収益面では、新興国通貨の為替環境悪化や原材料価格上昇により経営を取り巻く環境は厳しくなることが予測されます。
 以上の結果、2020年3月期業績につきましては、売上高は2兆1,600億円(前年比108億円増)、営業利益は1,650億円(同118億円減)、経常利益は1,700億円(同190億円減)、親会社株主に帰属する当期純利益は1,000億円(同134億円減)の見通しとしました。

 これからも、私たちいすゞ自動車に、一層のご理解・ご支援をよろしくお願い申し上げます。


以上