輸創企業

三河地域を中心とした東海4県の小口配送に強み

代表取締役社長 辻 直樹 氏
 愛知県東部、東三河地域の中心都市として発展してきた豊橋市。株式会社マイシンは、この豊橋市に本拠を構える輸送企業である。1979年の創業以来、三河地域の小口配送サービス「ひまわり便」を中心に事業を展開すると共に、倉庫事業へも進出。常温及び冷凍・チルド食品の配送業務を手がけるなど、順調に事業基盤を築き上げてきた。ちなみに同社の「ひまわり便」とは、混載(積合せ)便の総称で、共同配送や地域を回って集荷・配送するライナー便などの配送サービスである。主に日用品や家電、食料品などを積み合わせて運んでいる。
 ところで、現社長の辻直樹氏は、同社オーナー家の血縁者でもなければ、新卒で入社した生え抜き社員でもない。1995年に大型トラックのドライバーとして中途で入社。約6年半ドライバーを務めた後に配車係へ異動。さらに、運行管理や営業職を経験する中で幹部へと昇進。自ら運送事業と経営について学び、2012年11月から代表取締役社長を務めているそうだ。辻社長は、ここ10年で企業風土が大きく変わったと語る。
「先代社長は“企業は人なり人づくり会社づくり”の社是のもと、2000年から人材の育成強化に乗り出しました。手始めに取り組んだことは、姿勢・返事・挨拶の徹底指導。朝礼時に繰り返すことで、社員の質的向上を図りました。私は、これを引き継ぐ中で幹部の育成に注力。社員が自主的に行動できる組織づくりを進めてきました」
 辻社長は、人材育成に努めることで職場を活性化。次第に社員のベクトルも一致し、収益力も向上したという。また、兼ねてから提供してきた「ひまわり便」を強化するべく、今年5月に「豊川営業所ひまわりコールドセンター」(愛知県豊川市)を開設した。およそ220坪の冷凍室を完備した同センターは、業務拡大と物流量のさらなる取り込みを見据えているという。現在、倉庫は常温倉庫3カ所(愛知県)と、冷凍・チルド倉庫2カ所(愛知県・静岡県)を自社で運用。協力会社倉庫も延べ1,200坪あるそうだ。三河地域を中心とした、東海4県の小口配送が同社の強みである。また同社では、顧客の要望に応じてチャーター便や長距離大ロット輸送も行っており、創業当時6台だった車両数は150台に届く勢いである。

元気な挨拶で出迎え、本社(愛知県豊橋市)社員の皆さん
豊川営業所 ひまわりコールドセンター
組織図 ひまわり便®

女性を積極的に採用し、慢性的な人手不足を解消
 東海4県の小口配送で事業を拡大してきた同社。その業務を支えているのは、ドライバーの約25%を占めるトラガールたちである。早くから女性ドライバーを活用してきた同社。しかし、以前までは、応募者も少なく、定着率が低かったという。
「数年前からドライバー不足に悩まされてきた当社は、新たな労働力の担い手として未就労の女性に着目。しかし、女性は子育てによる時間的制約があり、これが採用の大きな障壁となっていました。そこで、いろいろと思案した結果、思い切って女性ドライバーの採用方針を変更。日中の仕事を優先的に女性に割り当て、その一方で、早朝からの仕事や新たに獲得した仕事に男性ドライバーを充てることにしたのです。これで女性の採用数が一気に増えましたね。実際に働いてもらうと、女性は仕事が丁寧でコミュニケーション能力も高く、お客様の評判も上々。仕事の分割・組み換えなどの工夫、新たな仕事の確保は大変でしたが、これを機に売上を伸ばすことができました」
 と語られた辻社長。現在、東三河地域の地場配送は、ほぼ女性ドライバーで賄っているという。もちろん、家庭の事情に応じた勤務体系を導入しただけではなく、専用トイレや更衣室などの施設改善、正社員としての雇用(社保完備)、免許取得支援制度(普通・中型・大型等)やキャリアアップ制度など、女性ドライバーが働きやすい職場環境を整えてきた。3年前にドライバーとして入社し、現在は配車係を担当する一般部の鈴木祐子さんにお話を伺うことができた。
「AT限定免許で入社して最初は2トン車からスタート。それから中型免許を取得して4トン車に乗務しました。勤務時間を配慮してもらえることはもちろんですが、正社員として採用されるので、安心して働き続けることができますね。積荷が多くて、予定より遅く帰庫したときなどは、多くの社員が心配して出迎えてくれたこともありました(涙目)。本当に社員を大切にしてくれる会社なんです」
 こうして従来の「仕事に合った人の採用」から「採用する人に合わせた仕事の確保」へと発想を転換することで、多くの女性ドライバーを採用し、慢性的な人手不足を解消した同社。今では、子育てに一区切りついたところで大型免許を所得し、長距離輸送業務に従事している女性ドライバーも複数在籍しているそうだ。辻社長は、今後も積極的に女性ドライバーを採用していく方針である。



Back   2/3   Next