MIMAMORIケーススタディー

求荷求車システムの成約率No.1をめざして

代表取締役 永山 浩二 氏
 福岡ロジテック株式会社が設立されたのは、今から20年ほど前のこと。代表取締役の永山浩二氏が福岡県で起業した輸送企業である。食品から雑貨、機械、重量物まで、多岐にわたる製品輸送を手がける中で経営基盤を固め、設立後8年で保有する車両数も40台に達した。永山社長は、営業部門を設けて新規荷主開拓に取り組む一方で、関西からの同業者と良好な関係づくりに努め、相互に帰り荷を融通することで売上を伸ばしてきた。また、この頃から求荷求車システムを活用し、関西のみならず、名古屋・関東へも運行エリアを拡大。現在は茨城県や埼玉県にも営業所を設けている。永山社長に求荷求車システムの活用状況についてお話を伺った。
「地方の小規模事業者が生き残っていくには、ニッチ市場で得意分野をつくり、トップをめざすしかないと考えました。それが求荷求車システムを活用するようになった動機です。現在は自社で配車システムも構築しており、求荷求車システムは九州及び月次で成約率No.1という実績を上げています。No.1になることで、当社の知名度と信用が高まり、さらに取引先が増えました。売上比率も、約85%が求荷求車システムで占めています」
 同社には配車担当者が8名在籍。そのうち7名は求荷求車システムの専属で、お客様係という名称で呼ばれている。お客様係は、電話対応のマナー研修を受けており、車両や積荷の情報を収集し、同時に会員企業に情報を発信。お問い合わせや依頼には、迅速丁寧に対応するように心がけているという。また“選んでもらえる会社”となるべく、同社と取引した会員企業には、必ずお礼とお知らせのハガキ(半年間)を送付。同社は、こうした地道な努力によってリピーターを増やしてきた。そんな同社の経営理念は「親切が先、商いは後」。つまり、まずパートナー企業の要望をかなえるために全力で取り組み、その親切な対応が取引を継続させるのだという。



20時から翌5時まで運行停止
 同社の敷地には、ほぼ全社員が収容できる規模の研修センターがある。永山社長は、定期的に安全研修事故防止セミナーを実施するなど、積極的に安全対策に取り組んできた。また、ドライバーに安全運転を促すだけではなく、働きやすい職場づくりを進めてきた。具体的には、20時から翌5時まで自社便の運行を完全に停止。ドライバーには、9時間しっかり休息を取らせており、加えて高速道路を使用する運行を行っている。
「お客様には、事前に当社の運行条件をお伝えしてあります。近年、ドライバー不足や長時間労働が社会問題となっており、当社の運行条件をご理解いただけるお客様も増えました」
 と永山社長。同社では、ドライバーの労務環境の改善なくして安全は成り立たないという方針のもと、ドライバー教育を実施。その成果は確実に上がっており、ここ数年、大幅に事故が減少しているという。また、ドライバーの離職率も下がるなど、現在は社員一丸となって事故ゼロを継続している。

本社(福岡市)オフィス

Back   2/3   Next