工場のツルと木の実で「クリスマス・リース」づくり

昨年に続き、クリスマス前の12月21日、いすゞプラザで栃木・藤沢工場で採取したツルや木の実でリースを作るワークショップが開催され、約70名の親子連れの方々が参加しました。工場敷地内にある樹木の再利用を通して、ものづくりを楽しみながら、環境について考えるきっかけ作りを目的としています。

栃木工場の敷地に生息する葛(くず)のツルや藤沢工場のドングリと松ぼっくりを集め、リースの素材としていることを社員扮するサンタクロースが説明すると、参加した子どもたちは熱心に耳を傾けていました。

ワークショップで用意したリボンやシールなどのカラフルな飾りや、試作部が製作したエルフ・ギガ・エルガのキャラクターオーナメントも大人気で、参加者の皆さんに思い思いのリース作りを楽しんでいただけました。

社内各部署のアイデアと協力を得て実現したワークショップを通じて、これからも、いすゞプラザに来館される多くの皆様に「ものづくりの楽しさ」を体験していただく予定です。

  • サンタさんから、工場で集めた自然の素材について説明
  • 好みのリースや木の実を選びます
  • サンタさんと記念撮影
  • とても上手に作れました
ページトップへ戻る