「いすゞ仕事紹介」を品川学園で実施

12月2日、12月7日の2日間、品川区立品川学園※1で「いすゞ仕事紹介」を実施しました。

この取り組みは、品川区の「しながわドリームジョブ」の一環として行われ、生徒がさまざまな分野で活躍する企業や地域の方々の話を聞くことで、職業に興味をもち、自分の将来について考え、夢を実現させる方法を学ぶことを目的としています。

対象は中学1年(7年生)の生徒132名で、1日目は「いすゞ自動車の概要紹介」、2日目はいすゞから代表で3つの部署から4人の若手社員が参加、それぞれの仕事について説明しました。

紹介した部署は、海外営業部、シャシ設計部、車両製造部(保全課)で、自分が担当する仕事の役割や職場の様子について、工夫を凝らした資料を使って分かりやすく説明すると、生徒たちは真剣なまなざしで興味を示してくれました。

今回で2回目の取り組みになりましたが、質疑応答では生徒たちだけでなく先生からも質問が上がり、登壇した若手社員は強い手ごたえを感じていました。

普段は触れる機会の少ない「企業とそこで働く社員」を生徒たちにより身近に感じてもらい、将来の夢を育む取り組みを今後も続けていく予定です。

※1 平成27年6月に改正された学校教育法に基づく新たな校種で「義務教育学校」と呼ぶ小中一貫教育校。小学校段階に相当する6年間を前期課程、中学校段階に相当する3年間を後期課程として区分。

  • 手が多くあがる様子は皆さんが講義を真剣に聞いてる証拠です。
  • 皆さんが大人になる頃に、社会の困りごとをどうしたら解決できるかを考えています。
  • 保全課の現場で着用する、作業ベルトの重さを体験
  • 質疑応答の様子
ページトップへ戻る