生産品質

原点は信頼、目標も信頼。不変です。

お客様の信頼はかけがえのない資産、品質へのこだわりこそいすゞの伝統です。開発は海外の過酷な自然条件や使用条件を基準に、最新のデジタル解析を駆使して行われますが、作り込みの段階では実車実験を重視します。調査した実際の使われ方に合わせた実験を行い、クリアした場合も分解して確認し、さらに改善を繰り返して耐久信頼性を作り込んでいます。
生産ラインでは不具合の発生を防ぐため、幾重にも関門を設け、不良を次の工程に流さない体制を構築しています。また、品質を高いレベルで均質化するために、「いすゞ・ものづくり(IM)」として人財育成および生産ノウハウをスタンダード化し、世界の関連工場に展開。生産する人や国が違っていても、「IM」のDNAを継承し常に信頼される品質を保つ体制を整えています。

走行テスト / ベンチテスト

生産工程