世界のはたらく車 トップかいせつかんそう
世界地図へもどる この国ではたらく車 どんな国? なんでもマップ この国とISUZU
スリランカ民主社会主義共和国とISUZU(ほごしゃの方と読んでね) スリランカ民主社会主義共和国
小型トラック(Nシリーズ)
スリランカの高速バス

スリランカでいすゞ車の販売が始まってから、半世紀以上が経ちました。販売が始まった1962年当初は政府傘下の企業が販売代理店としての役割を果たしていましたが、徐々に現地でのいすゞ車の需要が増加し、1992年には政府の方針で販売会社が民営化。"Sathosa(さとーさ) Motors(もーたーず) PLC(ぴーえるしー)"となり、現在もスリランカにおけるいすゞビジネスの要となっています。
スリランカにいくつかある日本の商用車ブランドの中で、いすゞのトラックは最も耐久性にすぐれ品質が高いとされ、近年も順調にシェアを伸ばしています。日本ブランドの中でのシェアは、2017年時点で56%となりました。小型・中型・大型いずれも販売していますが、特に小型トラックについては幅広いラインアップを取り揃えており、販売も好調です。

(2018年3月現在)