世界のはたらく車 トップかいせつかんそう
世界地図へもどる この国ではたらく車 どんな国? なんでもマップ この国とISUZU
スリランカ民主社会主義共和国ではたらく車 スリランカ民主社会主義共和国
フォトイメージ フォトイメージ
フォトイメージ フォトイメージ

スリランカの商用車(しょうようしゃ)は、地理的(ちりてき)にも(ちか)いところにあるインド(せい)(くるま)(おお)くを()めています。それに(くら)べて日本車(にほんしゃ)はとても高価(こうか)ですが、性能(せいのう)(たか)丈夫(じょうぶ)長持(ながも)ちであるというイメージを()たれていることから、長年(ながねん)にわたり根強(ねづよ)支持(しじ)されています。新車(しんしゃ)だけでなく、中古(ちゅうこ)日本車(にほんしゃ)もたくさん輸入(ゆにゅう)され、使(つか)われています。
輸入車(ゆにゅうしゃ)であっても、トラックの荷台(にだい)部分(ぶぶん)現地(げんち)(つく)られることがほとんどです。荷台(にだい)形状(けいじょう)は、スチールカーゴ、アルミバン、冷凍(れいとう)バンが(おお)くみられます。建築材(けんちくざい)食品(しょくひん)製品(せいひん)輸送(ゆそう)配送(はいそう)のためによく使(つか)われますが、いずれも過積載(かせきさい)(荷物(にもつ)()()ぎ)のケースが(おお)くなっています。
スリランカの都市部(としぶ)では商用車(しょうようしゃ)乗用車(じょうようしゃ)ともに(かず)()(つづ)けていますが、信号(しんごう)()なども(ふく)めた道路(どうろ)基盤(きばん)整備(せいび)()()いておらず、いつも渋滞(じゅうたい)()こっています。(とく)に、(あさ)夕方(ゆうがた)通勤(つうきん)帰宅時間(きたくじかん)非常(ひじょう)混雑(こんざつ)しているため、ふつうは30(ぷん)()むような距離(きょり)であっても、2時間(じかん)もかかってしまうことがあります。
(たか)さ350mのロータスタワーに代表(だいひょう)されるように、たくさんの高層(こうそう)ビルの建築(けんちく)ラッシュで活況(かっきょう)(てい)している最大(さいだい)都市(とし)であるコロンボでは、道路(どうろ)はすべて舗装(ほそう)されています。都市部(としぶ)から地方(ちほう)にかけての主要(しゅよう)道路(どうろ)は、舗装(ほそう)されているもののアップダウンが(はげ)しく(はば)(せま)いところが(おお)いです。
スリランカでは観光(かんこう)産業(さんぎょう)急速(きゅうそく)成長(せいちょう)しており、都市部(としぶ)から地方(ちほう)観光地(かんこうち)へのアクセスが重要視(じゅうようし)されています。鉄道(てつどう)高速道路(こうそくどうろ)発達(はったつ)していないため、観光地(かんこうち)までの交通(こうつう)手段(しゅだん)はバスが主流(しゅりゅう)です。