トラック大図鑑

トラクタ・トレーラーの連結装置編
ここは、神奈川県湘南台の喫茶店『いすゞCafe』。
しぶいマスターが一人で切り盛りしている。
若いころはトラックドライバーとして活躍したらしく、
店にはそのころの写真や思い出の品が飾られている。
今日も地元の若いカップルが、
おいしい珈琲に惹かれてやってきたようで・・・。
あきら 「マスター、今日、道でちょっとおもしろいトラックを見たんだ」
マスター 「ん ? どういうの ?」
あきら 「頭でっかちなトラック。うしろがついてなかったんだ」
きょうこ 「アンバランスな感じがちょっとかわいかったんですよ」
マスター 「それは、トラクタ&トレーラのトラクタ部分だけが走っていたんだね。 大型トラックの一種だよ」
あきら 「え、大型トラックなの。短くて運転席だけだったのに ?」
マスター 「きちんと教えてあげようか。トラクタ&トレーラというのはね、運転席やエンジンを積んだ部分『トラクタ(トラクタヘッド)』と、荷物を載せる部分『トレーラ』を合体させた大型トラックの一種なんだ。あきらくんが見かけたのは、その荷物の載せる部分を切り離してトラクタ部分が走ってるときだったんだね」
あきら 「なるほど。ということは頭でっかちっていうか…」
きょうこ 「頭だけだったってことなのね」
マスター 「二人は、道で曲がるときに『く』の字のように曲がっている大きなトラックを見たことがない ?」
あきら 「あるよ!大型トラックを運転するのは難しそうって、感心したことがある」
マスター 「それがトラクタ&トレーラのこと。なつかしいなぁ。実は現役のころよく乗っていたのがそのタイプでね。いい機会だし、詳しく話をさせてくれないかな」

トラクタ
トレーラ
トラックは「はたらく車」です。荷物を運ぶときも、できるだけ効率よく運べるように工夫されています。 そんな工夫のひとつが、「トラクタ&トレーラ」という大型トラックの仕組みです。この「トラクタ&トレーラ」は、運転席やエンジンがある頭の部分(トラクタ)と、荷物を積むうしろの部分(トレーラ)を切り離すことができるのですが、これが大量の荷物を運ぶときにとても役に立つのです。

たとえば、東京から大阪の間を行き来するトラックを考えてみましょう。そのトラックが東京から荷物を積んで、大阪についたとします。ふつうのトラックだと荷物を全ておろしてから、次の荷物を積む必要がありますね。たくさん荷物を積んでいるトラックですから、これは大変な手間になります。ところがトラクタ&トレーラの場合は、荷物を積んでいるトレーラを切り離すことができるため、大阪で他のトレーラに取りかえるだけで、すぐ他の荷物を運ぶことができるのです。つまり、荷物をおろしたり積んだりする手間をはぶいて、効率よく荷物を運搬できるというわけですね。

このようにトラクタ&トレーラを使うことは、作業面でさまざまなメリットがあるのです。

あきら 「へー、トラクタ&トレーラってよく考えられた仕組みなんだなぁ。それに合体ロボっぽくてちょっと格好いい」
マスター 「ははは。合体ロボはおもしろい例えだね(笑)。それにしてもなつかしい。昔、港に来る外国からのコンテナをトラックで運んだりもしてたんだけどね、そのときもコンテナをあけて中身を積む必要のないトラクタ&トレーラの仕組みはすごく役立ったんだよね。うんうん…」
きょうこ 「マスター、思い出に浸っているときに申し訳ないんですけど、質問いいですか ?」
マスター 「(あわてて)あ、うん。どうぞ」
きょうこ 「大型トラックってすごく重たい荷物を運んでいるわけでしょ。運んでいるうちにトレーラが外れたりしないのかしら ?」
あきら 「そうなったら大変だね! 頑丈につないでおかなくちゃ」
マスター 「いい質問だね。確かにトラクタとトレーラが外れたら大変だから、荷物を載せたトレーラとトラクタはしっかりつながなくちゃいけない。でも、ただ頑丈につなぐだけでもダメだよね?」
あきら 「え、どうして ?」
きょうこ 「別のトレーラにつなぎかえるときに、手間がかかっちゃうから ?」
マスター 「そのとおり! じゃ、ちょっとその辺も詳しく…」

  1/2   Next