トラック大図鑑

タイヤ編
ここは、神奈川県湘南台の喫茶店『いすゞCafe』。
しぶいマスターが一人で切り盛りしている。
若いころはトラックドライバーとして活躍したらしく、店にはそのころの写真や思い出の品が飾られている。
今日も地元の若いカップルが、おいしい珈琲に惹かれてやってきたようで・・・。
きょうこ 「マスター、カフェラテとトースト」
あきら 「ぼくも。少し腹ごしらえしたら、高速にのって山までドライブに行くんだよ」
マスター 「それはいいね。ロングドライブならタイヤの空気圧ちゃんとチェックした?」
あきら 「もちろん。出かける前にチェックしてるよ」
きょうこ 「ガソリン入れるときにチェックしてるんだ。いつも」
あきら 「変な傷がないか、溝が減ってないかとかね」
マスター 「二人は他のことは大ざっぱでも、タイヤについてはちゃんと考えているんだね」
あきら 「なんたって、地面に直接あたってるところでしょ?トラブルがあったら大変だもん。一番気をつかっているところだよ」
マスター 「そうだね」
あきら 「大きいトラックなんて、タイヤに関してはさらに気をつかっているんじゃないの?」
マスター 「まったくその通りだよ。今日はトラックのタイヤの話をしようか?」
きょうこ 「タイヤって、ゴムに空気が入っているんでしょ」
マスター 「ん、そんな風に思われているかも知れないね。その辺から話そうか。タイヤは単純なようでいて、知られざることがけっこうあると思うんだ・・・」

タイヤ位置図解
タイヤというと、自転車のタイヤのようにゴムの輪の中にチューブがあって、その中に空気が入っているというイメージではないでしょうか? しかし、現在、自動車に使われているタイヤのほとんどは、「チューブレスタイヤ」と呼ばれる種類のもので、チューブなどは無く、スチールなどの補強材で強度や剛性を高めたゴムの輪の中に空気をたくさん入れてホイールと合体させています。

さらに、ゴムの強度を高めるために、カーボン、つまり鉛筆の芯と同じようなものを補強剤として加えています。本来ゴムの色は輪ゴムのような「あめ色」に近いものですが、黒いカーボンを加えるのでタイヤは黒い色になるのですね。
大型トラックのタイヤでは、タイヤとホイールで一本約100kgのものもあり、直径も約1mあります。乗用車と比べると桁違いに大きいものです。
トラックのタイヤは、乗用車のタイヤの約10倍もの重さを支えなくてはいけません。だからトラックのタイヤには高い強度が求められるのですね。

タイヤ構造の解説図
空気をたくさん入れる、と話しましたが、その大きさだけでなく、乗用車のタイヤと段違いなのは「空気圧」の高さです。乗用車ですと、普通200kPa(2kgf/cm2)* 程度に設定しますが、トラックでは900kPa(9kgf/cm2)もの空気圧に設定します。一本のタイヤに、200リットル入りのドラム缶約8個分の空気が入っていることになります。ものすごい量ですね。
トラックのタイヤの空気圧を高くするのは、トラックという「大きく重い」車体を支えて走らなくてはいけないからです。また、この空気圧でタイヤをホイールに強力に押しつけることにより、空気のもれを防ぐシール構造がとられています。
適正な空気圧から下がった状態で運転し続けると、燃費が悪化し、最悪の場合にはタイヤがバースト(破裂)したり、ホイールからタイヤがはずれたりする危険性があります。

昼夜問わず働いているトラック。一年で10万キロも走るトラックも珍しくなく、当然タイヤはすり減っていきます。ただしトラックのタイヤは乗用車に比べて安くはないので、新品に交換する費用を抑えるためにタイヤの溝がすり減ってきたら、表面のゴムだけを取り替えてまた再利用できるタイヤもあります。

* kPaはキロパスカルと読みます。タイヤの空気圧は kgf/cm2 という単位が使われてきましたが、現在はSI(国際単位系)で圧力を表わすkPa(キロパスカル)という単位が使われるようになりました。

  1/2   Next