トラック大図鑑

燃料タンク編
ここは、神奈川県湘南台の喫茶店『いすゞCafe』。
しぶいマスターが一人で切り盛りしている。
若いころはトラックドライバーとして活躍したらしく、店にはそのころの写真や思い出の品が飾られている。
今日も地元の若いカップルが、おいしい珈琲に惹かれてやってきたようで・・・。
あきら 「お腹減っちゃったー!マスター、サンドイッチにカフェラテをちょうだい!」
きょうこ 「あたしもサンドイッチにカフェラテ!」
マスター 「2人ともお腹ペコペコなんだね。トラックで言うと燃料タンクが空っぽってところかな」
きょうこ 「燃料がないと動けないものね」
あきら 「でもまあ、燃料タンクって、『タンク』っていうくらいだから単なる入れ物でしょ?これについては大した仕掛けなんてないよね?」
マスター 「いやいや、トラックの燃料タンクはね、驚くほど色んな工夫がされているんだよ」
あきら 「うーん。でも、ただの入れ物なのに?」
マスター 「それじゃあ、今日はトラックの燃料タンクの話をしようか。単なる入れ物じゃないってことがわかるはずだよ・・・」

燃料タンク位置図解
普通の乗用車だと、燃料タンクはボディの中の見えないところに収まっていますよね。けれどトラックの場合は、フレームの外に置かれ、タンクの下側は荷台にも隠れずむき出しになっている場合がほとんどです。
「働くための車」であるトラックですから、熱い季節も寒い季節も長時間走り続けなくてはなりません。そうすると、むき出しの燃料タンクも直射日光や冷たい外気にさらされ続けることになります。また泥水がはねてかかったり、雪国ですと道路の融雪剤がかかったりもします。燃料タンクはそれらに耐える『耐久性』を考えた材質(主に金属製)で頑丈につくられているのです。
『耐久性』が必要な一方、燃費良く走るため、荷物をたくさん乗せるために、車体自体はできるだけ軽くしたいという要望もあります。なので、燃料タンク自体は『耐久性』に優れ、なお軽いものでなくてはならないのですね。

そして取り付け方にもいろいろな工夫がされています。
燃料タンクはトラックの背骨であるフレームに取り付けられていますが、他にもエンジン、トランスミッション、タイヤなど、いろんな部品が取り付けられているのでスペースの確保がたいへんです。
しかも、トラックは働く環境や使われ方によって燃料タンクの大きさが異なります。
たとえば長距離を走るトラックは大きな容量のタンクが必要です。日本を縦断して荷物を運んでいるようなトラックには、ドラム缶2個分にあたる400リットルもの容量のタンクがついていることもあります。また、燃料タンクを2つつけているトラックもあります。逆に、ゴミを回収する塵芥車や宅配の荷物を運ぶ配送車のように、一度にあまり長い距離を走らないトラックや、荷台に乗せるもの(架装物)が重いトラックは、コンパクトな燃料タンクが望ましいのです。
そんなトラックごとに適したタンクを、できるだけスペースを取らないように取り付けなければなりません。
また、外側に取り付けると言っても、むろん法規で決められている車体の幅を超えてしまうことは出来ません。低い床のタイプのトラックだと、悪路でタンクをこすってしまうことがないようにも気を配らなければなりません。
トラックの燃料タンクは、そんな色々な要望を加味しながら、しかも、そのスペースをできるだけ取らないように取り付ける工夫がされているのです。

  1/2   Next