トラック大図鑑

サスペンション編
ここは、神奈川県湘南台の喫茶店『いすゞCafe』。
しぶいマスターが一人で切り盛りしている。
若いころはトラックドライバーとして活躍したらしく、店にはそのころの写真や思い出の品が飾られている。
今日も地元の若いカップルが、おいしい珈琲に惹かれてやってきたようで・・・。
あきら 「マスター、マンデリン」
きょうこ 「あたしはカフェラテかな」
あきら 「ふー。このお店落ち着くよね」
マスター 「うちは『椅子』には、いいもの使ってるからね」
きょうこ 「そうなのよね。このお店の椅子って座り心地いいのよね」
マスター 「やっぱり、お客さんにゆったりと、気持ちよく、くつろいでいてもらいたいじゃない?」
あきら 「トラックでも乗り心地って関係あるの?」
マスター 「大ありだよ」
あきら 「トラックって、マスターがいつも話すように『働く車』じゃない。だから乗り心地とかあんまり関係ないのかと思ってたけど…」
マスター 「いやいや。じゃ今日はトラックのサスペンションの話をしようか?」
きょうこ 「サスペンションって何かイメージがわかないわ」
マスター 「たとえば自転車を思い浮かべてよ。普通の自転車になくてマウンテンバイクにあるものは?」
あきら 「何かマウンテンバイクにはバネみたいのがついてるよね」
マスター 「ピンポン。あれはね、自転車が走らないような山道とか悪路を走るとき、デコボコ道の衝撃を吸収するためなんだよ」
あきら 「あんな感じ?」
マスター 「そう、大まかに言えばね。でもトラックには、トラックならではの工夫がされているんだよ」

サスペンション位置図解
サスペンションとは、カンタンに言えば、車体とタイヤの間にあって衝撃を吸収する役目を受け持っています。とくにトラックではデコボコの多い道路など走るときに、バネが衝撃を和らげて、2つの大きな役目を果たします。

・ 乗っている人間に不快感を与えないようにする。
・ 積んでいる商品にダメージを与えないようにする。

いくら衝撃を吸収する役目と言っても、難しいのは、バネが長い間ピョンピョンしていたのではかえって乗っている人間に不快感を与えてしまうので、衝撃を吸収するとともに、さっと元に戻るように、その調整には工夫がなされているのですね。

サスペンションに使うバネですが、乗用車ではだいたい『コイルバネ』といって、ベッドなどでみるような渦巻き型のものを使うことが多かったようです。トラックでは『板バネ』がずっと主流でした。『板バネ』は、強度が強く、耐久性が高いと言うことが評価され長く使われてきたのです。もうひとつ『ねじり棒式バネ(トーションバー)』という方式もあります。

しかし、ここ10年『空気バネ』いわゆる『エアサス(エア・サスペンション)』が、トラックに使われるサスペンションの主流になってきたのです。
大きな理由のひとつとして、トラックでは重量の変動が激しいと言うことが挙げられます。たとえば乗用車では、人間が4人乗っているときの重量と1人で運転しているときの重量の違いは、いいところ100〜200キロ程度でしょう。ところがトラックでは荷物を積んでいないときの重量が10トン、荷物を積んだときには20トン、その差10トンという例もあります。
こんな場合、荷物を最大に積んだ状態を基準にサスペンションをつけると、荷物を下ろして空にしたとき、非常に硬くて乗り心地の悪い車になってしまいがちです。そこで重量の変動の激しいトラックには、大きな重量の変動に耐え、乗り心地をあまり変化させない『空気バネ』が用いられるようになってきました。

  1/2   Next