トラック大図鑑

シート編
ここは、神奈川県湘南台の喫茶店『いすゞCafe』。
しぶいマスターが一人で切り盛りしている。
若いころはトラックドライバーとして活躍したらしく、店にはそのころの写真や思い出の品が飾られている。
今日も地元の若いカップルが、おいしい珈琲に惹かれてやってきたようで・・・。
きょうこ 「マスター、珈琲おかわり !」
あきら 「ぼくもおかわり ! この店って居心地いいから、ついつい長居しちゃうんだよね」
きょうこ 「この店はイスがいいんじゃない ? 長い間座っていても疲れないし」
マスター 「うれしいなあ(ニコニコ)。ぼくはイスにはこだわりがあるんだよ。ドライバーだったころは一日中シートに座って運転していたしねぇ」
あきら 「トラックのシートって堅そうだから大変だったでしょ」
マスター 「うーん。トラックのシートのことって、あまり知られてないんだろうねぇ」
きょうこ 「だって、ただのシートでしょう。とくにテクノロジーとか関係なさそうだし」
マスター 「いやいや、トラックのシートって、これはこれで奥が深いんだよね。いつも言っているように、トラックってね、『働くための車』ってことなんだ」
二人 「だよね」
マスター 「街で一番よく見る働くトラックの姿って何かな ?」
あきら 「宅配便のトラックじゃないのかな」
マスター 「そこにもシートの工夫があるんだよ」
二人 「へえー」

シート
トラックのシートについては、「耐久性」に関して、大変な開発努力が続けられているのです。

街でよく見かける宅配便のトラックですが、ドライバーさんは荷物をスピーディーに届けるため、たいへん忙しく働いていますね。普通の自動車とは比べものにならないほど頻繁に乗り降りがされます。また、急ぐため「ずり落ちる」ように、トラックの運転席から降りるドライバーさんを多く見かけます。
そのため、少し前にはシートの「表皮」と、ドライバーさんのお尻がこすれて、表皮がいたみやすくなったり、破れたりしたことがありました。
現在では、表皮の耐久性については、人間が乗り降りするのと同じようなシミュレーションを行って、頻繁に乗り降りしても破れたりしないことが確認されています。

また、お尻がこすれる部分に「縫い目」がないようになっていたりと、多くの工夫がされています。

そのほか、中・長距離のトラックでは、ドライバーさんが座席の後ろに備え付けられたベッドに移って休むとき、シートの「左肩」の部分に手をかけて移動するため、体重が強くかかることが多いのですが、そのような負担が何度かかってもシートがゆがんでしまわないよう、高い「耐久性」が備えられているのです。

また、「耐久性」と同時に、大事なポイントである「乗り心地」を高められるよう、鉄板に、厚みのあるクッションパッドを載せて、この両方を追求したり、お尻をのせる底面部「シートクッション」についてもさまざまな研究をおこなうなど、長時間快適に使えるよう努力しています。

  1/2   Next