トラック大図鑑

安全サポートシステム編
ここは、神奈川県湘南台の喫茶店『いすゞCafe』。
しぶいマスターが一人で切り盛りしている。
若いころはトラックドライバーとして活躍したらしく、店にはそのころの写真や思い出の品が飾られている。
今日も地元の若いカップルが、おいしい珈琲に惹かれてやってきたようで・・・。
きょうこ 「マスター、ブレンド」
あきら 「ぼくも濃い目のブレンド・・・。これからドライブするんで、バシッと眼を覚まさないと」
マスター 「あきらくん、疲れているんだったら、しっかり休憩してから運転しないと注意力が下がるからね。ゆっくりしていってくれていいからさ」
きょうこ 「そうよ」
あきら 「いまから高速道路走ってくるんだ」
マスター 「今日みたいに天気のいい日、高速道路を走るのは気持ちいいけれど、いきなり渋滞していることがあるからね。そんな渋滞の最後尾にはとくに注意して欲しいなあ」
きょうこ 「あたしも気をつけて前を見てるから」
マスター 「きょうこちゃんみたいな、しっかりものがそばで注意してくれるといいんだけどねえ。でもトラックの運転手さんはひとりで長い距離を走らなくちゃいけないから。疲れてくると注意力が落ちてしまうこともあるんだ」
あきら 「トラックの運転手さん、たいへんだね。何かサポートしてあげられないのかな?」
マスター 「うん、いろいろ新しいシステムが開発されているんだ。それはね・・・」

安全サポートシステム(レーダー)の位置図解
トラックに求められるものは色々ありますが、中でももっとも大切なもののひとつが「安全に走行すること」です。ドライバーが注意して運転することがもちろん大事なのですが、最新のテクノロジーを使って、ドライバーの安全な運行をサポートするシステムがトラックで導入されはじめています。

まずは、「レーダー」を使ったシステムの例をご紹介しましょう。トラックに搭載されたレーダーが、前の車との車間距離をすばやく計算して、自動的にスピードを調節して、安全な距離を保つようにするというものです。こうして自動的に前の車との車間距離を調節してくれるシステムが働くと、安全面でもプラスですし、ドライバーの負担が軽くなり運転の疲労がおさえられます。
また、このシステムでは、前の車が急ブレーキをかけた時に、こちらも急ブレーキをかけなくてはいけなくなるような状況をレーダーにより自動的に検知し、「警報」を出してドライバーに注意を促します。

また、そのレーダーと連動して働くシステムがあります。「警報」を出したにもかかわらず、さらに近づいて衝突する可能性が高い、という時に「衝突被害軽減ブレーキ」と呼ばれるシステムが働きます。これは、警報を出しても、衝突を避けるような運転がされなかったときに、自動的にブレーキがかかるようにするものです。危険な状態と判断されたときに軽く自動ブレーキが掛かりドライバーに知らせますが、それでも適切な運転がされないときには強い自動ブレーキをかけ、衝突時の、被害を軽減するものです。

「警報」を出してドライバーに注意を促す図
ドライバーが先行車や停止車両に気づかず、衝突の危険が高まった場合、「警報」を出してドライバーに注意を促します。

「衝突被害軽減ブレーキ」の図
車両が衝突する可能性が高いと判断した場合、自動的にブレーキを作動させ、衝突時の被害を軽減します。

  1/2   Next