トラック大図鑑

PTO編
ここは、神奈川県湘南台の喫茶店『いすゞCafe』。
しぶいマスターが一人で切り盛りしている。
若いころはトラックドライバーとして活躍したらしく、店にはそのころの写真や思い出の品が飾られている。
今日も地元の若いカップルが、おいしい珈琲に惹かれてやってきたようで・・・。
きょうこ 「マスター、あたしキリマンください」
あきら 「ぼくもキリマン。(マスターが珈琲豆を挽いているのを見て何か思い出した)マスター、今日、ミキサー車を見かけたんだ」
マスター 「駅前のビルの改装工事じゃないかな」
あきら 「うん。急に工事車両が増えたよね。で、ふと思ったんだけどね。あのミキサー車の後ろのコンクリートが入っている部分って、ずーっと回っているじゃない。あれはやっぱり電気で回してるのかな?だとしたらすごい電力が必要だなって」
きょうこ 「どこかに大きな発電装置があるはずだって、あきらくんが、さっきからうるさいんだもん」
マスター 「はは。見つかった?」
あきら 「それが見つからないんだ。どこに隠してるんだろ」
マスター 「おしえてあげようか。あれはね、実は電気じゃないんだ」
あきら 「え、違うの?」
マスター 「意外かもしれないけど、あの動力は電気じゃなくて、エンジンから取り出してるんだよ」
あきら、きょうこ 「エンジン!?」
マスター 「うん。『PTO』と呼ばれるシステムで、ミキサー車以外にも、ゴミ収集車や消防車みたいな動力を使うトラックによく使われている仕組みなんだ」
あきら 「全然、知らなかったよ」
マスター 「普通は目にすることのない仕組みだからね。でも、トラックが「はたらく車」として役立つために、とても重要なシステムなんだよ。そうだ、いい機会だし、今日は『PTO』について話してあげようか?」
あきら、きょうこ 「聞きたーい!」

PTO
そもそもトラックにはものを運ぶだけでなく、ダンプカーでは荷台を傾けたり、ミキサー車ではコンクリートが固まらないように後ろについたドラム部分を回転させたり、さまざまな機能が必要です。他にも、消防車は放水をしますし、ゴミ収集車はゴミをつぶしながら車体の奥におしこむ必要がありますね。そのような動力が必要なときに「PTO(Power Take Off)」という仕組みを使っています。


ではPTOをカンタンに説明しましょう。PTOとは、一言でいうと、「さまざまな作業をするための動力をトラックのエンジンから取り出す装置」のこと。エンジンのトランスミッションなどに取り付けられており、エンジンの回転を油圧に変換することで、さまざまな作業の動力を生み出しています。

PTO図解

先に述べたミキサー車のドラム部分を回したり、消防車が放水をしたり、そういった作業にはとても大きな動力が必要で、それらを電力で生み出すのはタイヘンです。専用の装置をつけなければならなくなり、そのためのスペースが必要になります。また、費用もかさみますし、トラックの重量もどんどん増してしまいます。そこで、あらかじめ搭載されているエンジンから効率よく動力を取り出すことができないか、その研究の結果、PTOが開発されたというわけです。ふだん目にすることはありませんが、PTOはトラックの作業を陰でしっかり支えているのですね。

  1/2   Next