トラック大図鑑

運行情報システム編
ここは、神奈川県湘南台の喫茶店『いすゞCafe』。
しぶいマスターが一人で切り盛りしている。
若いころはトラックドライバーとして活躍したらしく、店にはそのころの写真や思い出の品が飾られている。
今日も地元の若いカップルが、おいしい珈琲に惹かれてやってきたようで・・・。
きょうこ 「マスター、こんにちは ! あたしはモカください」
あきら 「ぼくはコロンビア。(携帯電話が鳴る)あ、兄貴だ。もしもーし。うん、わかった。後でね」
マスター 「今は携帯電話があるから便利だね」
きょうこ 「どこでも連絡がつくからね」
マスター 「実は、携帯電話を持っているトラックが走ってるって知ってる ?」
あきらくん 「え、運転手さんが持ってるってこと ?」
マスター 「そうじゃなくて、トラック自身が携帯電話を持っているんだ」
あきら 「トラックって、いつの間にか自分で電話までかけるようになったの ?」
マスター 「ははは。そうと言えばそうかも知れないね。いま、『運行情報システム』といって、携帯電話通信を利用してトラックを「見守る」サービスが注目されているんだ。まだ、全部のトラックに普及しているわけではないけど、とてもおもしろいから、今日はその話をしようか !」
あきら・きょうこ 「おもしろそう !」

運行情報システム位置図解
トラックにとって大きなテーマは「安全に走ること」、「燃費が良く、環境に優しく走ること」、そして「荷物を約束した時間に、良い状態のまま届けること」です。
安全に走ることについては、スピードを出しすぎたりしないよう、ドライバー自身の注意がとても大事ですね。
燃費良く走ることについては、トラック自体でもいろんな工夫がされていますが、運転のしかたによっても、燃費が大幅に違ってきます。急発進や急加速、急ブレーキなどをひんぱんに行ったり、速度にむらのある運転を行うと、燃費が悪く、つまり燃料の減りが早くなります。それに何より危険ですよね。安定した運転によって無駄が減り、燃料が効率よく使えるため、排出ガスも減り環境に優しくなります。
ところが、トラックがいったん会社を出てしまえば、どんな運転のしかたをしているのかはドライバーにしかわかりません。
運送会社などのトラックを使用している会社は、これまでは法令で義務づけられている「運行管理者」という人が、決められた安全な速度で走っていたか、きちんと休憩をとっていたかなどをチェックするため「タコグラフ」という記録システムを使ってトラックが帰ってきてから確認していました。しかしトラックが走っている時に「今、どんな運転をしているのか」ということを知ることはできなかったのです。

運行情報システム説明図
そこでいま注目されているのが、リアルタイムで車両の運行状況を細かく知ることが出来る、高度な『運行情報システム』です。
これは、トラック一台ごとに携帯電話を積んで、その運行状況をリアルタイムで運送会社に送信するシステムです。
どれぐらいのスピードで走っているか、急加速や急発進などアクセルの踏み方はどうか、また、高速道路では適切なギアで安定した速度で走っているか、どのぐらいアイドリングをしているかなどを自動的に記録します。
また、あまりに急なブレーキなどは、「ひょっとして事故かも ?」ということで運行管理者にメールなどで伝えるという仕組みもあります。
ドライバーが「安全」で「燃費の良い」走り方をしているかどうか、見守ってくれているようなシステムが運行情報システムなのです。

  1/2   Next