トラック大図鑑

ランプ編
ここは、神奈川県湘南台の喫茶店『いすゞCafe』。
しぶいマスターが一人で切り盛りしている。
若いころはトラックドライバーとして活躍したらしく、店にはそのころの写真や思い出の品が飾られている。
今日も地元の若いカップルが、おいしい珈琲に惹かれてやってきたようで・・・。
きょうこ 「マスター、ブラジル !」
あきら 「ぼくはキリマン。(眼をシバシバさせながら)ねえマスター、珈琲って眼にいいのかなあ ?」
マスター 「さあ ? 適度に飲むと肝臓にいいとか新聞に書いてあったような気がするけどね。どうして ?」
きょうこ 「あきらくんたら、この頃ゲームやネットのやり過ぎで眼が悪くなってきちゃったのよ」
あきら 「でうーん。なんか、見えにくくなってきちゃったんだよ」
ケン 「お若いの。眼は大事だよ !」
あきら 「うわ、びっくりした。あなた誰ですか」
マスター 「いやいや、紹介するよ。わたしのドライバー時代の同僚で、今も現役トラッカーの松田ケンさんだ。ケンさんは、全日本トラッカーサンバ大会で優勝したこともあるんだよ」
ケン 「ヨロシク ! オーレ !」
あきら 「こちらこそ !」
ケン 「きみたちね、ほんと眼は大事にしないとイケナイよ。とくに、夜なんか、前が見えにくいと命取りになるよ」
マスター 「トラックの眼といえば、とくにランプだよね。きみたち、トラックのランプってすごい創意工夫のかたまりだって知ってる ?」
あきら 「あんなのただの電球でしょ ?」
ケン 「とんでもないよー」
マスター 「ちょっと説明するね」
ケン 「オーレ !」

ランプ
トラックの「眼」といえばランプ。カタチ的にも車の「眼」ですが、とくに夜間走行では、安全走行に大きな役割を果すので、開発・設計にはたいへんな工夫がされています。

まず、ランプの「見易さ(視認性)」の点です。
トラックではドライバーの目の位置(アイポイント)が非常に高く、また、キャブオーバータイプ(ボンネットが無い)だと、クルマの直前までよく見えます。
見えやすいのはいいのですが、夜間走行時に、もしランプの照射にむらがあると、そこが気になって、ドライバーの注意が散漫になってしまい、かえって危険になってしまうことになります。
なので、ランプの照射むらがないよう、細心の工夫がされているのです。

また「耐久性」も大きなポイントです。
普通の乗用車は10年10万kmがひとつの寿命の目安といわれていますが、大型トラックは100万km以上走行することも珍しくなくて、さらに夜間走行が非常に多いのです。
また、乗用車のエンジンは大きくても3Lぐらいの排気量ですが、大型トラックでは14Lの排気量のエンジンを使っていますので、大きな振動がおきます。エンジンなどの振動が直接伝わらないように、また、その振動に耐えられるように、さまざまな工夫がなされています。

少しでも長寿命をと苦労した結果、通常はフィラメントのあるハロゲン電球だったのですが、数年前から、HID(放電灯)を光源とする明るいランプが開発されました。それは寿命も長いため、長時間、長距離走行の大型トラックにはずいぶん普及して、安全に貢献しているのです。

  1/2   Next