トラック大図鑑

イモビライザー編
ここは、神奈川県湘南台の喫茶店『いすゞCafe』。
しぶいマスターが一人で切り盛りしている。
若いころはトラックドライバーとして活躍したらしく、店にはそのころの写真や思い出の品が飾られている。
今日も地元の若いカップルが、おいしい珈琲に惹かれてやってきたようで・・・。
あきら 「マスター、ブレンドちょうだい」
きょうこ 「あたしも」
マスター 「了解。すぐいれるよ。・・・なにか疲れてない?あきらくん」
あきら 「うん。仲良しの友だちの車が誰かにいたずらされちゃったんだ」
マスター 「そうなの!それは気の毒だね」
きょうこ 「すごいがっかりしちゃってるのよ。大事にしていた車なのにね」
あきら 「ぼくらも防犯対策は考えなくちゃだめだね」
きょうこ 「防犯対策といっても、どうすればいいのかしら」
マスター 「うん。今日は車のための防犯対策システムの話をしようか」

イモビライザー位置図解
トラックも自家用車もキーを回してエンジンをかけます。いままでは、複製されたキーなどを差し込めばエンジンがかかってしまう、つまり盗まれたりする危険があったのですね。そこで、こうしたことを防止するために「イモビライザー」というシステムが導入され始めています。これは「個別のIDコードをもったICチップを内蔵したキー」と「それを読み取り、正しいキーかどうか判断する車を動かすためのコンピュータ」によるシステムです。キーのICチップに埋め込まれたIDコードを、車に搭載したコンピュータが読み取って間違いないと判断した場合はじめてエンジンがかかるのです。つまり、キーを複製して同じ形の鍵をつくったとしても、中に入っているICチップは複製できないので、コンピュータが認識せずエンジンはかからないのです。
また、このキーには電池は必要ありません。車両からの電波を受けて、わずかな電力を創り出して車のコンピュータと通信してくれるのです。ですから半永久的に使用できます。いま、電車の改札口で「ピッ」とタッチして乗車するICカードが普及していますが、その仕組みをイメージしてください。

イモビライザーシステム概念図

  1/2   Next