トラック大図鑑

ハンドル編
ここは、神奈川県湘南台の喫茶店『いすゞCafe』。
しぶいマスターが一人で切り盛りしている。
若いころはトラックドライバーとして活躍したらしく、店にはそのころの写真や思い出の品が飾られている。
今日も地元の若いカップルが、おいしい珈琲に惹かれてやってきたようで・・・。
きょうこ 「マスター、駐車場に大きなトラックとまってるわね」
あきら 「すごい力持ちのドライバーが運転してるのかな。あれ?普通のおじいさんだ」
マスター 「こら、無礼者。その方をどなたと心得る!」
ご老公 「ふぉーっ、ほっほっほっ」
マスター 「昔ドライバー仲間だった水戸の光さんだ。老けて見えるから『水戸のご老公』と呼ばれてたんだよ。ほんとに今じゃ老けちゃったけど」
ご老公 「ほっほっほっ。失礼な。わしは今でも現役のドライバーじゃよ」
きょうこ 「ははーっ。失礼いたしました。しかし、そんなに身体も大きくないのに、あんな大きなトラックをよく運転できますね」
ご老公 「ほっほっほっ。大丈夫、大丈夫。お嬢ちゃんでも運転できるよ」
きょうこ 「あたしなんか、絶対無理ですぅ。力もないし、きっとハンドルなんか回せないですぅ」
あきら 「ちょっとぶりっ子してますけど、確かによく食べるけど力はないんです」
きょうこ 「うるさいー」
マスター 「ふんふん(ニコニコ)。ご老公、何かトラックのハンドルのことを勘違いしてるようですな」
ご老公 「そうじゃな・・・って年寄り扱いしないでよ。若いお二人さん、トラックのハンドルって、すごく進化しているんじゃよ」
二人 「へえー」

ハンドル
「ハンドル」ですが、正式名称はステアリングホイールといいます。ここではハンドルで述べていきます。
確かにきょうこちゃんやあきらくんが思うとおり、トラックのハンドルは、だいたい乗用車のものより一回り大きくなっています。
しかし、最近ではパワーステアリング、いわゆる「パワステ」が主流ですから、運転手さんは軽く握って、軽く動かせます。きょうこちゃんが心配するように、普段の運転には大きな力はまず必要ありません。

パワステは昭和50年代からまず乗用車に取り入れられ、その後トラックに普及しました。ハンドルを回すときには力が必要ですね。その力のかかり具合に応じてアシストしてくれる仕組みなので、女性の腕力でも問題なく回せるのです。

また現在、小型トラックについては「ラック&ピニオン式」とよばれるステアリングギヤ方式を採用しています。
ハンドル操作が、ハンドルの軸の先端についている「ピニオン」から、タイヤの方向を決める「ラック」に伝えられるこの方式は、ハンドルとタイヤの間にある部品が従来より減らせるため、ハンドル操作がタイヤに伝わりやすく、より運転手さんの思った通りに、トラックが曲がれるようになっているのです。
また同時に、「剛性が高い(つまり「強い」)」という優れた特性も持っています。

トラックのハンドルが乗用車と違うところといえば「切れ角」といって、ハンドルを回して車体の方向を変える角度です。
・ 乗用車 だいたい30度〜35度
・ トラック だいたい45度以上
これは、たとえばゴミの収集車などを思い浮かべてください。
小型乗用車が入っていくような細い道に、トラックで入って行かなくてはならないことも多いでしょう。そんな時、トラックにはより小回りの良さが要求されるのですね。
つまり「ハンドルがスムーズに切れること」。それによって、車体をムダなく回転させる動きが可能になるのです。

  1/2   Next