トラック大図鑑

吸気ダクト編
ここは、神奈川県湘南台の喫茶店『いすゞCafe』。
しぶいマスターが一人で切り盛りしている。
若いころはトラックドライバーとして活躍したらしく、店にはそのころの写真や思い出の品が飾られている。
今日も地元の若いカップルが、おいしい珈琲に惹かれてやってきたようで・・・。
きょうこ 「こんにちは。あれ? 窓が全部開けっ放しになってる。マスターお掃除中なの?」
マスター 「ああ、ごめんごめん。ちょっとお客さんが来ないうちに掃除しよう思って。いま、窓を閉めるからね」
あきら 「でもこうして窓を大きく開けて、風が吹き込むのも気持ちいいもんだよね」
きょうこ 「湘南の風は気持ちいいわ」
マスター 「そうだね。やっぱり新鮮な空気を取り入れることって大切だね」
あきら 「う〜ん。深呼吸すると気持ちいい。人間って、空気を吸い込まないと生きていけないものね」
マスター 「人間はもちろんそうだけれど、トラックも、空気を吸い込まないとダメなんだ」
あきら 「トラックでも空気を吸い込まないといけないの?」
マスター 「それはとても大切なことなんだ。そのためにいろんな工夫がしてあるんだよ。それはね・・・」

吸気ダクト位置図解
人間がそうであるように、トラックにも必ず空気が必要です。空気を吸い込んでエンジンに送り(吸気)吐き出す(排気)一連の流れがスムーズにいかないと、エンジンは動かず、トラックは走れません。その「吸気」を支えるシステムのメインとなるもの。それが「吸気ダクト」なのです。
それはどこにあるのでしょうか? キャブの後ろ側に、プラスチックの筒みたいなものがあります。それが吸気ダクトで、エンジンに供給される空気の入り口です。そこで、まず工夫が必要なことが「吸気抵抗を下げること」です。カンタンに言えば「空気を吸いやすくすること」で、効率よく空気を取り入れてスムーズにエンジンに送ることです。
そして、エンジンを傷めないために「水や異物を吸い込まないようにすること」も大切です。雨水や空気中の異物を吸い込んだりしないように形状に工夫がされています。多少の水が入っても排出される構造になっています。また、吸気ダクトにはエアクリーナーが取り付けてあり、そこで異物をシャットアウトしています。なので、定期的にエアクリーナーに使うフィルター(濾紙)を取り替える必要があるのです。「吸気抵抗を下げること」「水や異物を吸い込まないようにすること」のふたつは、おもにエンジンをちゃんと稼働させるために大切なことなのですが、もうひとつ、「吸気の音をおさえること」も工夫されています。これはドライバーの安全運転のためにという目的です。空気を取り入れるときに、あまり「吸気音」が大きくて耳障りだと、ドライバーの運転に影響してしまいますよね。そこで、スムーズにたくさん空気を吸い込みながらも、あまり耳障りな音を出さないように工夫がされているのです。そのために「レゾネーター(共鳴箱)」という中が空洞の構造物が組み入れられています。吸気音を共鳴の仕組みを使って減衰させ低減します。ですから、音を出さないように、というより、音を消し去るシステムという方が実感に近いかもしれません。

吸い込み口とレゾネーター解説図

  1/2   Next