トラック大図鑑

CNG編
ここは、神奈川県湘南台の喫茶店『いすゞCafe』。
しぶいマスターが一人で切り盛りしている。
若いころはトラックドライバーとして活躍したらしく、店にはそのころの写真や思い出の品が飾られている。
今日も地元の若いカップルが、おいしい珈琲に惹かれてやってきたようで・・・。
きょうこ 「マスター、アイスコーヒー!」
あきら 「ぼくもアイスコーヒー。マスター、今日、『CNG』というステッカーをつけたトラックを見かけたんだよ」
マスター 「ほお、CNGね・・・」
あきら 「あれって何のことなのかな?」
マスター 「うん。そんなに珍しいことじゃないんだけどね。CNGとは燃料のことなんだ」
きょうこ 「燃料?」
マスター 「ひと言で言えば、都市ガスで走るトラックさ!」
あきら 「都市ガスって、ぼくんちで使っているあの都市ガス?」
マスター 「そうだよ。だんだん普及が進んでいるんだ。燃料を充てんできる施設も増えているしね」
あきら 「知らなかったなあ」
マスター 「ちょうどいい機会だから説明してあげよう。実はね・・・」

CNG位置図解
まず、燃料としてのガスの話を少し学習しましょう! トラックには軽油などの燃料が使われることが多かったのですが、近ごろ注目されているのが『CNG』という燃料です。
ではCNGとは何でしょうか? Compressed Natural Gas(圧縮天然ガス)です。圧縮天然ガスの成分は、いわゆる「都市ガス」、家庭用のガス燃料と同じものです。
それでは「天然ガス」とは何でしょうか? 天然ガスとは、自然な状態で地下に存在する可燃性ガスの一種です。このうち、LPG(液化石油ガス)と言われるものは、石油の仲間に近いもので、一般にはプロパンガスとして知られています。CNG(圧縮天然ガス)は、LPGよりももっと軽いメタンガスを主成分としたものです。

それでは、どうして天然ガス(メタンガス含む)がトラックの燃料として注目されてきたのでしょうか?
ひとつは「資源が豊富なこと」。天然ガスは、現状採掘されているガス田だけでも、50年以上採掘可能だと言われており、石油などよりも資源量が豊富なのです。
もうひとつは「環境にやさしいこと」。天然ガスは石油や石油ガスに比べ炭素含有量が少ないのが特徴です。燃やしても地球温暖化の原因になる二酸化炭素の排出量が少なく、環境にやさしい燃料だと言われています。
そしてもうひとつは「世界中のさまざまな国で産出すること」。たとえば石油の産出地域はかなり中東などに偏っています。政治的な問題や紛争などがおきると、石油の入手が不安定になることが多く、わが国のエネルギー政策に悪い影響を与えてしまいます。実際に、「オイルショック」といって、日本に必要な石油が入らなくなるんじゃないか、という事態に陥って、大変な騒ぎになったことがありますね。
それに比べて天然ガスは世界中のいろんな所から産出しますし、日本でも、千葉県などで事業化されています。また、東シナ海の深海底のメタンハイドレートからの天然ガス抽出が事業化できれば、日本のエネルギー何十年分もの資源が日本の領海内だけでも存在するとされています。つまり、天然ガスの供給と価格は石油に比べ安定していて、天然ガスをエネルギーに使うことは、エネルギー政策の面からも有効だと言われているのです。

実はすでにCNGの利用普及が進んでいる国も多く、世界では、すでに1,100万台以上の自動車がCNGで走っているのです。わが国でも約3万8千台のCNG車が走っている、実現可能な代替エネルギー車だと言えます。また、燃料を充てんするステーションも約340カ所と増えてきています。
あきらくんは、わが国で増えつつある『CNG』車のうち、どれかのトラックを見かけたんでしょうね。

天然ガススタンド 充てん中のCNG車

  1/2   Next