トラック大図鑑

キャブサスペンション編
ここは、神奈川県湘南台の喫茶店『いすゞCafe』。
しぶいマスターが一人で切り盛りしている。
若いころはトラックドライバーとして活躍したらしく、店にはそのころの写真や思い出の品が飾られている。
今日も地元の若いカップルが、おいしい珈琲に惹かれてやってきたようで・・・。
きょうこ 「マスター・・・、生クリームてんこ盛りのウィンナーコーヒー」
あきら 「ぼくもウィンナーコーヒー。ロングドライブで疲れちゃった・・・」
マスター 「オーケー。生クリームを特別たっぷりでつくるよ。そんなに長いドライブだったの?」
きょうこ 「うん。けっこう遠くまで行ってきたからね。あきらくんなんか運転役だからヘトヘトのはずだわ」
あきら 「ほんとだよ・・・。でもねえ。トラックの運転をしている人はもっとたいへんなんだろうねえ」
マスター 「そうだね。トラックドライバーは毎日毎日長い距離を走るからね。だから、『乗り心地がいいこと』はとても大切なんだよ」
きょうこ 「乗り心地が悪いと疲れそうね!」
マスター 「トラックはドライバーの『乗り心地』をよくするために、ふつうの自動車とはちょっと違う工夫がされているんだよ。それはね・・・」

キャブサスペンション(エアスプリング)位置図解
ふつうの自動車(乗用車)とトラックとの大きな違いを考えてみましょう。まずひとつ目はマスターが言うように、必要なときに乗る乗用車と違い、トラックは「はたらく車」であるということです。毎日毎日、時間や天候にかかわらず荷物を積んで、長い距離を走り回らなくてはならないことでしょう。場合によっては、あまり、よくない道路も安全に走らなくてはなりません。
もうひとつは、トラックの車体は「キャブ」という人が乗る部分と、積荷を載せる「荷台」の部分、「フレーム」というエンジンやタイヤなどほとんどの部品がついたシャシの部分に分かれて構成されていることです。「はたらく車」であるトラックは、運転手さんが仕事をしやすいように、その要望に応じて、さまざまな種類の荷台やキャブを組み合わせて、フレームに載せられるようにしてあるのです。

トラックの一番前、運転手さんが乗る「箱」のような部分がキャブで、運転手さんは長い時間ここで過ごすことになります。
鉄の箱のようなキャブが、鉄の枠でできたようなフレームの上に乗っているのですから、そのままで道を走れば乗り心地がとても悪いことになります。そこで、トラックではキャブとフレームの間に「キャブサスペンション」という仕組みを置いて、乗り心地をよくし、運転手さんが快適に運転できるように工夫されているのです。キャブを四隅のバネで支えているようなイメージをしてください。
もちろんトラックのフレームとタイヤの間にも、乗り心地をよくするための仕組みとしての「サスペンション」があります。しかし、トラックを使用する目的として、荷物をたくさん積んで支えるために、そこはあまり柔らかくはできないのです。それをカバーするのがキャブサスペンションで、乗り心地に大きくかかわってくるのです。

キャブサスペンションは、車種に応じて『ラバー(ゴム)スプリング』『コイルスプリング』『エアスプリング』などいくつかの種類があり、キャブの大きさや重さによって設定されます。だいたい小型のトラックは『ラバースプリング』。中型のトラックは『ラバースプリング』や『コイルスプリング』。大型のトラックでは『コイルスプリング』や『エアスプリング』などと使い分けられます。
さらに、『ラバースプリング』の形式の中では液体を中に入れて、その液体の抵抗を利用して、より効果的に振動を抑えるタイプのものもあります。

キャブサスペンション(エアスプリング)位置解説図 キャブサスペンション(エアスプリング、コイルスプリング)仕組み解説図

キャブサスペンションの位置
(エアスプリングの場合)

キャブサスペンションの仕組み

  1/2   Next