トラック大図鑑

キャブ編
ここは、神奈川県湘南台の喫茶店「いすゞCafe」。
しぶいマスターが一人で切り盛りしている。
若いころはトラックドライバーとして活躍したらしく、
店にはそのころの写真や思い出の品が飾られている。
今日も地元の若いカップルが、
おいしい珈琲に惹かれてやってきたようで・・・。
あきら 「マスター、キリマンジャロ !」
きょうこ 「あたしもキリマン・・・。あいたた。頭ぶつけちゃった」
あきら 「気をつけなよ。せまい店なんだからさ。まあ、マスターはトラックの中でずっと暮らしてたから気にならないだろうけど」
マスター 「せまい店で悪かったね。でもさ、ゴハン食べるのも、コーヒー飲むのも、眠るのもトラックのキャブの中だったけど、なかなか快適だったんだよ」
あきら 「でも、マスター。寝るのも運転席じゃカラダ痛くなっちゃうんじゃないの ?」
マスター 「きみたち、トラックのキャブ、キャビンとも言うけどね、ベッドがあるの知ってる ?」
二人 「そんなのあったの !?」

キャブ
トラックの一番前、運転席のある「箱」部分を『キャブ』または『キャビン』といいます。
長距離トラックのドライバーさんは、時間との勝負になるため、食事やお茶などほとんどのことをこの場所で過ごすことになります。したがって、「トラックの運転席」というと、みなさん「居心地悪そう !」と思われるかもしれませんが、実は非常に快適な空間になっているのです。

トラックのベッドの写真
二人が驚いた「トラックのベッド」ですが、長時間かけて、長距離を走る大型トラックには、ドライバーが仮眠を取れるように、運転席の後ろに、人一人が横になれるほどのベッドが備えてある場合が多いんです。
たとえばいすゞの大型トラックGIGAは、助手席のシートを倒すと、ベッドと平らな環境になって、より広々とカラダを休めることができるようになっていますし、ベッドに枕がついているものもあるのです。

それだけでなく、シートの角度や座面の(形状)凹凸なども、世界中の国々の身長や体型などを人間工学の面から研究して、長時間運転してもなるべく疲れないような工夫がされています。デザインや材質も、下手なセダンには負けないほどのクオリティです。
宅配便トラックのように毎日繰り返し乗り降りすることが予想される場合は、シートがすり切れたりしないように、織り方や糸の太さを研究し尽くしたシート生地を選び、乗り降りしやすい座面形状にしたり、すり切れやすい部分に縫い目が無いように生地の配置も考えられています。

また、ドライバーにはいろんな体型の人がいることも考えなくてはなりません。例えば、体重のとても重い人が運転席に座った場合にも、シートが沈み込んで目線が低くなりすぎてしまわないよう、シートがちょうど良い高さになるように、自動で調整するものもあります。
そんなシートに座ると、ふわっと下がり、悪路で激しく揺れても、ドライバーにはほとんど衝撃がきません。
テストドライバーが、何時間も専用の悪路を繰り返し走行して試しているのです。

  1/2   Next