トラック大図鑑

ブレーキ編
ここは、神奈川県湘南台の喫茶店『いすゞCafe』。
しぶいマスターが一人で切り盛りしている。
若いころはトラックドライバーとして活躍したらしく、店にはそのころの写真や思い出の品が飾られている。
今日も地元の若いカップルが、おいしい珈琲に惹かれてやってきたようで・・・。
あきら 「マスター、ぼくはブラジル」
きょうこ 「今日はあきらくんの給料日でおごってくれるらしいから、あたしはちょっと奮発してブルーマウンテン !」
あきら 「プシューッ(しぼむ)」
きょうこ 「もう ! それぐらいでしぼまないでよ・・・」
あきら 「マスター前から聞きたかったことがあるんだけど」
マスター 「ふんふん。何かな ?」
あきら 「大型トラックって、街を走ってるとき、よく『プシューッ』て音がするよね ? あれって空気が抜けてるの ?」
マスター 「まあ、そうといえばそうかな」
きょうこ 「タイヤから空気が抜けちゃうの ?」
マスター 「ははは。まさか。そんなことになったら走れないでしょ。大型トラックのブレーキは空気の力でかけているんだよ」
あきら 「ええっ『空気の力』 ? ますますわかんなくなってきちゃった」
マスター 「それはね・・・」

ブレーキ(フットブレーキ)
トランスミッションの回でもお話ししましたが、現在大型トラックは「空気の力」で行う操作がいろいろあるのです。
その中で、最も多くの空気を利用しているのがブレーキです。

大型トラックのブレーキのコントロールは、今までは、「エアオーバーハイドロリック」といって、空気圧と液圧併用の方式が多かったのですね。これは、空気圧で伝えられた信号によりブレーキ液を加圧し、ブレーキをかける方式で、その方式はレスポンスが良いと言われてきました。しかし、現在は「フルエアブレーキ」といってブレーキのコントロールの媒体すべてを空気圧のみで行う方式が主流となっています。メンテナンスが簡単でレスポンスも改善しています。
ブレーキに使う圧縮空気の排出の音こそが、『プシューッ』という音なんですね。

ドラム式ブレーキ
また、ブレーキ自身の種類としては「ドラム式」と「ディスク式」というものがあります。
日本では「ドラム式」のブレーキが多く、ドライバーがブレーキペダルを踏むと、空気の力によって「ブレーキシュー」と呼ばれるものを動かして、車軸の「ドラム部分」の内周面に押しつけて、その摩擦によってブレーキがかかるようになっているのですね。
「ディスク式」でもほぼ同じで、ブレーキペダルを踏むと、やはり空気の力で「キャリパー」、「パッド」を動かし、それが車軸についている「ディスク部分」を挟み付けるようにして、ブレーキがかかるようにしているのです。

  1/2   Next