トラック大図鑑

エアタンク編
ここは、神奈川県湘南台の喫茶店『いすゞCafe』。
しぶいマスターが一人で切り盛りしている。
若いころはトラックドライバーとして活躍したらしく、店にはそのころの写真や思い出の品が飾られている。
今日も地元の若いカップルが、おいしい珈琲に惹かれてやってきたようで・・・。
きょうこ 「マスター、アイスコーヒー」
あきら 「ぼくブレンド。(マスターが腰をさすってるのを見て)あれ、腰が痛いの?マスターも年だなあ」
マスター 「お店の掃除で机を動かしたときにやっちゃったんだ、あたた・・・」
きょうこ 「コーヒー淹れるの手伝う?」
マスター 「きょうこちゃん、ありがとう。でも、軽いから大丈夫」
あきら 「この頃、車体を傾けて人を乗り降りさせるバスをよく見るけど、こういうときは大助かりだね」
マスター 「うん。車体と地面との段差が少なくなるからね、ありがたいよ」
あきら 「そういえば、あれって、空気圧で動かしてるんだよね」
マスター 「そのとおり。よく気づいたね、あきらくん。サスペンションの話でも言ったけど、エアーサスペンション(空気バネ)の空気を抜いて車体を傾けているんだ」
きょうこ 「確か、車の高さを調節する『車高調整』っていう機能じゃなかったっけ・・・」
マスター 「正解!ふたりともよくおぼえていたなあ。じゃ、トラックの中に空気の流れる道があるって知ってる?」
あきら 「空気の流れる道?」
マスター 「うん。トラックの中で血管みたいにはりめぐらされているんだ。で、その空気を貯めておくところが『エアタンク』という装置なんだけど・・・、なんかトラックの話をしていたら調子が出てきたぞ。よーし、今日はその話をさせてもらうね!」
あきら、きょうこ 「待ってました!」

エアタンク位置図解
現在大型トラックでは、さまざまな装置で「空気圧」が利用されていますが、そのための空気をためておくスペースが『エアタンク』です。では、今までに空気圧を使った装置はどのようなものがあったでしょうか。エアタンクのことがよくわかるように、空気を使った装置をカンタンにおさらいしてみましょう。

まずブレーキ。大型トラックはとても重いため、人間が踏む力だけでは足りません。そこでトラックは、ブレーキを踏む力を圧縮空気で倍増していることは以前お話ししましたね。その他、「HSA(ヒルスタートエイド)」などという坂道発進時のブレーキシステム制御のために空気圧が利用されています。この装置が付いているトラックでは、坂道でブレーキを踏むと空気圧がかかったままになるため、ペダルから足を離してもトラックが坂道を下っていきません。
エアタンク内の仕切り
つぎに発進するときにはクラッチを踏みこみギヤを入れ、クラッチをつなげるときに空気の力で信号が送られることにより自動的にブレーキが解除され平坦な道と同じように停車・発進ができるというわけです。また、ブレーキ以外にも、エアーサスペンション、トランスミッションなど空気圧を使っている装置はたくさんありましたね。あきらくんが見たバスの「車高調整」もエアーサスペンションの部品の空気圧を調整する機能を利用したものです。このようにトラックではさまざまな装置で空気が利用されており、各装置にうまく空気が行き渡るように“空気の通り道”が血管のようにはりめぐらされています。そして、その空気を貯めて置く場所が「エアタンク」というわけですね。

ではエアタンクはトラックにどれくらい積まれているのでしょう?空気を使った装置が搭載される場所はトラックの設計によって変わりますから、エアタンクの数や容量はトラックの車種によってそれぞれ異なります。車種によっては4〜5個も積まれているのもありますが、スペースに限りがあるのでやみくもに積むわけにはいきません。そこで、ひとつのエアタンクの中を2部屋、3部屋と仕切り、別々の装置につなぐことが多々あります。設計者はギリギリまで数を削って、軽量化・省スペース化を図っているんですね。

  1/2   Next