バス大図鑑

教えて「運転席」のこと

大森の商店街の小さなレストラン「キッチンいすゞ」。マスターは路線バスの運転手でしたが引退して、実家の洋食店を継ぎ、カウンター越しに、お客との会話を楽しみながら、おいしいランチを提供しています。常連のお客さんにバスの話が大好きな親子がいて、今日もやってきたようです。
お父さん
「マスター、スタミナランチ! メンチカツもつけて!」
マスター
「はい。了解しました(と言いながらタマネギを刻む)」
ムスコくん
「ぼくはハヤシライス! ご飯は大盛りで!」
マスター
「はいはい。わかっておりますよ(と言いながら鍋をかき混ぜる)」
お父さん
「マスターは色んな注文を受けてたいへんだね〜」
マスター
「いえいえ。大したことはないですよ(と言いながら味噌汁をよそう)」
お父さん
「このキッチンの中はマスターが使いやすいように工夫されているんでしょ」
マスター
「はい。どこに何があるか全部わかっています」
ムスコくん
「すごいや。だから一人で何でもできるんだね」
マスター
「でもね。バスの『運転席』も、一人で何でもできるように、バッチリ工夫されているんですよ」
ムスコくん
「え? だって運転手さんは運転するだけじゃないの?」
マスター
「はは、バスの運転手さんは一人で何でもやらなくてはなりません。仕事がしやすいように、運転席には色んな工夫がされているんですよ」

現在走っている路線バスのほとんどがワンマンバスです。ワンマンバスとは運転手さん一人で運行させるもの。運転手さんは、乗客の様子を見ながら、外の状況も確認し、バスを発進させたり停止させたりしなくてはなりません。そして、乗客の乗り降りを見守りながら、次の指示をしなくてはなりません。たくさんの仕事をやらなくてはならないのです。

バスの「運転席」は、そんな運転手さんの負担を軽減させるように工夫されています。まず、色んな操作をする運転席のステアリングホイール(ハンドル)を中心に、左右500oの範囲に収めるように工夫されています。それは、たくさんの仕事をやらなくてはならない運転手さんが、できるだけ操作しやすいように考え配置されています。

運転席にはまず運転のために必要なものがあります。

  • ・ステアリングホイール
  • ・アクセルペダル / ブレーキペダル / クラッチペダル
  • ・メーター類

そして、その他こんなスイッチがあります。

  • ・前後の扉の開閉スイッチ
  • ・行き先表示のスイッチ
  • ・バス車内エアコンのスイッチ
  • ・車内放送関連のスイッチ
  • ・室内灯のスイッチ
  • ・アイドリングストップの切り替えスイッチ※
    • ※バスは、環境と燃料節約のため、交差点などでの停止したときにはエンジンを切るように設定できます。例えば、ブレーキを踏んで停止したら自動的にエンジンを切り、ブレーキから足を離したら自動的にエンジンがかかるような仕組み。
  • ニーリング ※※のスイッチ
    • ※※バスを傾けて乗りやすくすること。そのために、エアサスと呼ばれる部分の空気を調整する。バスが「シューッ」と音を出しているときはこのニーリングを行っていることが多い。

などなど、運転だけではなく、バスならではのいろんなスイッチを操作しなくてはなりません。スイッチ類だけでなく、足で操作するブレーキペダルなどの位置や角度はどのぐらいにするか、バスメーカーは運転手さんが楽に操作できるよう、決められた構造要件の中で工夫を凝らしています。

運転席の様子

  1/2   Next