バス大図鑑

教えて「バスの扉」のこと

大森の商店街の小さなレストラン「キッチンいすゞ」。マスターは路線バスの運転手でしたが引退して、実家の洋食店を継ぎ、カウンター越しに、お客との会話を楽しみながら、おいしいランチを提供しています。常連のお客さんにバスの話が大好きな親子がいて、今日もやってきたようです。
ムスコくん
「マスター! 今日もバスに乗ってきたよ! でもお父さんがドジで……」
お父さん
「しーっ、恥ずかしいからマスターに言わないで!」
ムスコくん
「出口の立ってちゃいけないドアそばにいて、バスの扉が開け閉めできなくなったんだよ」
お父さん
「混んでいたからね。うっかりしてたんだよ」
マスター
「ははは」
ムスコくん
「運転手さんは忙しいんだから迷惑かけちゃだめだよ」
お父さん
「もうね、マスター……。ムスコも近ごろ詳しくなってしまい、こうして説教されるんですよ」
マスター
「ムスコくん、どうして運転手さんが、危ないところにお父さんが立っていることをわかったんだと思う?」
ムスコくん
「ほんとだ。そういえば不思議……」

いつもは何げなく見ているはずのバスの扉。実はさまざまな工夫がされているのです。

まず、パスの扉の形状から見ていきましょう。

(1) 折り戸(主に路線バス)2枚ドア

  • ・バスの扉でもっとも標準的なもの
  • ・2枚のドアが中央部で内側に折れて開く方式
  • ・開閉スペースが少なくて済む

一般的な折り戸の例

(2) 折り戸(主に路線バス)4枚ドア

  • ・上記2枚ドアを2セット4枚として両側に開くようにしたもの
  • ・多くの人が乗り降りしやすい
  • ・主にワンステップバスに用いられる

4枚ドア折り戸の例

(3) 引き戸(主に路線バス)

  • ・主にバス中扉に使用される形状
  • ・折り戸に比べてドア幅を広くとれる
  • ・ドアの開け閉めのためにできる車内のデッドスペースが不要
  • ・デメリットは「戸袋(戸を納める場所)」が必要になる点

路線バス中部の引き戸の例

(4) グライドスライドドア(主に路線バス)

  • ・主に低床車で使用される形状
  • ・2枚の扉が両方の内側に開く方式
  • ・回転軸が移動することで、ドア開閉に必要なスペースが最小限になるメリット

路線バスのグライドスライドドアの例

(5) スイング扉(主に観光バス)

  • ・外側にスイングして開くドア
  • ・閉めた状態ではぴったり外板と同一面状態になり、すき間風が入りにくい
  • ・高速道路走行に適する
  • ・外側に開くため、開く時には障害物や人に注意
  • ・開閉の速度も「折り戸」などより遅いので頻繁にドア開閉する場合には不向き

観光バスのスイング扉の例

この他に「開き戸」と呼ばれる方式があり、昭和初期のバスに使われていたこともあります。その「開き戸」の一種が、「非常口扉」ですが、これは非常時に、非常用レバーで開けます。

また、海外製バスでは「アウトスライドドア」という外側に開く扉の方式があります。戸袋が不要になるので、車内を広く使うことができます。

それではムスコくんが抱いた疑問です。まず、運転手さんがどうやって扉の開け閉めを操作しているかという点です。

●路線バス

  • ・運転手は運転席のスイッチで開け閉めを操作
  • ・「トグルスイッチ」(レバー状のスイッチを上下または左右に倒して操作)を使う
  • ・乗降客の有無を確認して、バスを停車させ、扉の開閉を行う

路線バス運転席のトグルスイッチの例

●観光バス

  • ・やはり運転手は運転席のスイッチで開け閉めを操作
  • ・「シーソースイッチ」(スイッチの両端をシーソーのように交互に押して操作)を使う
  • ・観光バスでは運転席のデザインを重視してシーソースイッチを採用
  • ・目的地や休憩時に、バスを停車させ、扉の開閉を行う

観光バス運転席のシーソースイッチの例

こうして運転手さんは車内の状況や、停車して回りを確認して、運転席で扉の開閉を行っています。その上、バスには乗客検知センサー(光電管)が備え付けられています。扉開閉時の乗客検知センサーが作動した場合は、安全のため、運転手さんがスイッチを作動させても扉が作動(開閉)しないようになっています。

お父さんがドアの開閉に差し支えるゾーンに立っていたことをセンサーが検知したのですね。

  1/2   Next