ディーゼルエンジンの強みと進化 ディーゼルエンジンが社会の様々な領域で使われているいのは何故か?その理由をご説明します。

ディーゼルエンジンの強み

重量物も動かす高出力
低回転から大きな力を発生するのが特長です。
船、建機、大型車など、特に重量が大きな物を動かす分野で圧倒的なシェアを持っています。
厳しい使い方でも頑丈で長持ち
高い信頼性と長い寿命が特長です。
厳しい環境下で長期間に渡り高い稼働率が求められる産業分野で大活躍しています。
燃費が良くて経済的
無駄無くエネルギーを取り出す熱効率の高さが特長です。
その為、燃料消費量を削減出来るので非常に経済的です。
CO2排出量が少なく環境にやさしい
燃料消費が少ない為、排出されるCO2も削減出来るのが特長です。
環境負荷を減らし地球温暖化への影響を抑制しています。
様々な燃料に対応出来る高い柔軟性
様々な種類の燃料に対応出来るのが特長です。
例えば、再生可能なバイオ燃料などを活用することで、これからのエネルギー問題や環境問題などに対応出来る高い将来性を持っています。
ライフサイクルコストが安い
ライフサイクルコスト(製造されてから廃棄されるまでにかかる生涯費用)を抑えられるのが特長です。一般的に使われているガソリンエンジン(オットーサイクル)と比べるとイニシャルコスト(初期費用)が高い傾向がありますが、長い寿命と安いランニングコストにより、長く使えば使うほど優位性が増していきます。また、無駄な廃棄物を減らす事になるので、環境負荷の削減にも繋がります。

ディーゼルエンジンの進化

有害物質削減の取り組み
排出ガス中の有害物質 NOx(窒素酸化物)とPM(粒子状物質)を同時に削減するのが困難な特性があり、以前は大きな課題となっていました。
現在では、様々な最新技術の組み合わせにより問題を克服、厳しい排出ガス規制に対応するスーパークリーンディーゼルへと進化しています。
軽量化への取り組み
高いエネルギーを発生させる分、構造的頑強さが求められる為、重量が重くなる傾向があります。
ですが最近では、ターボチャージャーとの相性の良さを最大限に活かし、小排気量/高加給によるダウンサイジング化も積極的に進められています。