トラクタ&トレーラ

車両寸法・最大積載量
安全性の確保、道路保全、危険防止を目的に定められた車両の制限要件
トラクタ&トレーラは、単車に比べて車両寸法や最大積載量が大きくなります。そのため運行時の車両の安全性確保や道路保全、交通上の危険を防止する目的で「保安基準」「車両制限令」「道路交通法」といった法規が定められています。

車両寸法と最小回転半径
トラクタ&トレーラの車両の幅と高さ制限は単車と同じです。長さは通行する道路によって違いますが、フルトレーラ連結車の場合、最大で全長18mまで認められています。

車両寸法と最小回転半径の制限
  管轄 長さ 高さ 最小回転半径
保安
基準




【全長】
トラクタ、トレーラともに12m以下
セミトレーラは、連結装置中心からの長さ
2.5m以下 3.8m以下 12m以下
車両
制限令
【全長】
一般道:12m以下
高速道路:
セミトレーラ連結車:16.5m以下
フルトレーラ連結車:18m以下
2.5m以下
(積載物含む)
3.8m以下
(積載物含む)
12m以下
道路
交通法


【全長】
12m以下
積載物のオーバー
ハングは、車両の連結全長×0.1m以下
2.5m以下
(積載物はみ出し不可)
3.8m以下
(積載物含む)
規定なし

車両総重量
トラクタおよびフルトレーラは、単車に比べてはるかに重いため、保安基準、車両制限令によって細かく車両総重量が規定されています。制限は最遠軸距によって規定が異なりますが、隣接軸重と輪荷重は、保安基準、車両制限令ともに共通しています。

トラクタ及びフルトレーラの車両総重量(保安基準・車両制限令/国土交通省)
最遠軸距 車両総重量
5.5m未満 20トン
5.5m以上7.0m未満(全長9.0m未満) 22トン(20トン)
7.0m以上 25トン
7.0m以上(全長9m未満/全長9m以上11m未満) (20トン/22トン)
イラストイメージ

セミトレーラの車両総重量(保安基準/国土交通省)
キングピン中心〜最後軸中心 セミトレーラ車両総重量
5.0m未満 20トン
5.0m以上7.0m未満 22トン
7.0m以上8.0m未満 24トン
8.0m以上9.5m未満 26トン
9.5m以上 28トン
バラ積み緩和(特例8車種) 36トン
イラストイメージ

隣接軸重(保安基準・車両制限令/国土交通省)
隣接軸距 隣接軸重(最大値)
1.8m未満 18トン
  1.3m以上
1.8m未満
19トン
(1軸重9.5トン以下の時)
1.8m以上 20トン
イラストイメージ

バン、コンテナ、タンク、車載車の連結時車両総重量(車両制限令/国土交通省)
  最遠軸距 連結時車両総重量



8.0m以上 9.0m未満 25トン
9.0m以上 10m未満 26トン
10m以上 11m未満 27トン
11m以上 12m未満 29トン
12m以上 13m未満 30トン
13m以上 14m未満 32トン
14m以上 15m未満 33トン
15m以上 15.5m未満 35トン
15.5m以上 36トン



8.0m以上 9.0m未満 24トン
9.0m以上 10m未満 25.5トン
10m以上 27トン
バラ積み緩和(特例8車種) 44トン
イラストイメージ
※アオリ1m以下の平ボディセミトレーラは単車規定と同じ。

軸重と輪荷重(保安基準・車両制限令/国土交通省)
軸重 10トン以下
輪荷重 5トン以下


Back   3/4   Next