トラクタ&トレーラ

トレーラ方式とトレーラの構造
国内で最も普及しているセミトレーラ方式
トラクタ&トレーラには、二つの方式があります。ひとつはセミトレーラ方式と呼ばれるもので、トラクタヘッド後方のカプラ(連結器)に、トレーラのキングピン(連結器)をかみ合わせて牽引するタイプです。フルトレーラ方式は、牽引用に単車が使用され、ボディ後方のピントルフック(連結器)に、トレーラのルネットアイを引っかけて牽引します。国内では、道路幅などの諸事情からセミトレーラ方式が多く使用されています。

セミトラクタの構造と名称
国内で最も普及しているトレーラ方式。トラクタヘッド単体では荷物が運べませんが、用途に応じた架装を施すことで、さまざまな荷物が運べます。
セミトラクタの構造と名称

フルトラクタの構造と名称
単車と同様の荷台付きトラクタヘッドでトレーラを牽引する方式。単車のみでも輸送できるので、車両を幅広く活用できるメリットがあります。主にバン・ウイング系に使用されています。
フルトラクタの構造と名称


Back   2/4   Next