トラックの分類と架装

主なトラックの架装
カーゴ系と言えば平ボディ、バン、特装系の代表選手はダンプ
街中でもよく見かける平ボディ、バン、冷凍車などは、すべて一般貨物運搬用トラックに分類され、総称してカーゴトラックと呼ばれています。また、この他にもダンプやミキサ、タンクローリといった特定の積荷を運ぶ特装車などがあり、トラックは、用途に応じてさまざまな架装が施されています。こうした架装物は、すべて専門の架装メーカーで作られています。

平ボディ
シャシに荷台を備えた最もポピュラーでシンプルなトラックを平ボディと呼びます。荷台の素材は、木製、鉄製、アルミ製などがあり、周囲を囲む部分をあおりと言います。汎用性が広く、荷役性にもすぐれ、小型から大型トラックまで、幅広く採用されている架装です。
平ボディ

バン
バンとは箱型に架装を施したトラックのことで、積荷を雨やほこり、直射日光から守るとともに、走行中の落下防止にも貢献します。また近年は、保冷バン、冷蔵・冷凍バンなどの発達により、温度変化を嫌う食品を運ぶ上で必要不可欠な輸送手段となっています。
バンドクターT

ダンプ
ダンプは、特装車の中で最も多く使用されている代表的な車両です。特長は、油圧で荷台(主に鋼板製)を傾斜させ、運んできた土砂などを人手を使わず荷下ろしできる点です。
ダンプドクターT


Back   4/4    

ドクターT
次は「トラクタ&トレーラ」です。