安定走行性のメカニズム タイヤ&ホイール編

タイヤの構造(チューブレスタイヤ)
自動車の荷重を支えるタイヤはとても丈夫に作られている
タイヤの構造(チューブレスラジアルタイヤ)現在、乗用車やトラックでは、主にチューブレスタイヤが使用されています。基本構造のベースは、カーカスと呼ばれる合成繊維で形成され、外側表面は、補強材・緩衝材としてベルトが何層にも張り付けられています。またビードには、ホイールとタイヤを固定するビードワイヤーが巻き重ねられ補強されています。路面に接するトレッドは、刻まれた溝のパターンによって異なります。


タイヤのサイズ
乗用車のチューブレスラジアルタイヤは、表記法がほぼ統一されていますが、トラックの場合は、タイヤの種類によって表記が異なります。

トラック用偏平チューブレスタイヤの表示例
トラック用偏平チューブレスタイヤの表示例

運動性能や制動力を高める偏平タイヤ
偏平率とは、タイヤの高さと幅の比率を表す数値で、数字が小さいほど偏平していることになります。偏平タイヤは、接地面が増えるため、自動車の運動性能や制動力を高める効果があります。またトラックでは、低床化により荷台容積の拡大、荷役作業の軽減に貢献します。


Back   3/4   Next