安定走行性のメカニズム アクティブ・セーフティとパッシブ・セーフティ編

ドクターT


1 アクティブ・セーフティ(事故予防安全技術)とは
走行時の安全を確保する走行制御システム
自動車の基本性能を高めて危険な状況に陥らないようにする事故未然防止技術と、危険な状況に遭遇した場合、事故を回避する事故回避技術をアクティブ・セーフティ(事故予防安全技術)と言います。
走行時の安全を確保する走行制御システム

主なアクティブ・セーフティの技術・装置
安全技術 主な技術・装置 機 能
アクティブ・セーフティ(事故予防安全技術) 事故未然防止
技術
ディスチャージヘッドランプ 視認性の向上
フロントガラスの視界拡大/OKウインドウ
曲面サイドミラー/ヒーテッドサイドミラー
バックアイカメラシステム/音声アラーム 通行車、通行人への注意促進
後部反射器 後続車への注意促進
ナビゲーションシステム 運転情報の確保
リターダ/排気ブレーキ ブレーキ補助
スムーサーシリーズ/デュアルモードMT イージードライブ化による運転疲労の軽減
インデペンデント・サスペンション 運転疲労の軽減
4バッグエアサスペンション
事故回避技術 LSPV
(ロード・センシング・プロポーショニング・バルブ)
ブレーキ操作時の車両安定性向上
ABS
(アンチロック・ブレーキ・システム)
ASR
(アンチ・スリップ・レギュレーター)
加速発進時の車両姿勢の安定性向上・走破性向上
ミリ波車間距離警報装置/スピードリミッター
(速度抑制装置)
運転操作補助

2 パッシブ・セーフティ(衝突安全技術)とは
衝突時の乗員の安全を確保する防御システム
万一事故に遭遇した際に、乗員の被害を最小限に抑える衝突安全技術をパッシブセーフティと言います。衝突安全技術には、衝突時に乗員の安全を確保する衝突時被害軽減技術と車両の安全性を高める衝突後被害拡大防止技術があります。
衝突時の乗員の安全を確保する防御システム

主なパッシブ・セーフティの技術・装置
安全技術 主な技術・装置 機 能
パッシブ・セーフティ(衝突安全技術) 衝突時被害
軽減技術
高剛性キャブ/ドアサイドビーム 衝撃吸収性の向上
乗員の生存空間確保
衝撃吸収ステアリングシャフト&ホイール
SRSエアバッグ&プリテンショナー付シートベルト
SRSエアバッグ&ロードリミッター付シートベルト
衝突後被害
拡大防止技術
燃料漏れ防止装置/不燃性・難燃性の素材使用
(シートなど)
火災の防止
水没対応パワーウインドウスイッチ 脱出性の確保
第三者保護 サイドガード/大型リヤバンパー 巻き込み・潜り込み防止

ドクターT


    1/3   Next