安定走行性のメカニズム ブレーキ編

4 ブレーキの種類:駐車ブレーキ
主に小型、中型トラックの駐車ブレーキは、トランスミッションとプロペラシャフトの接続点近くにセットされている、センターブレーキ式のドラムブレーキが採用されています。サイドレバーに連動したブレーキケーブルを引くと、ドラムにシューが押しつけられ、プロペラシャフトを固定して停止させます。乗用車やRV車はホイールパーキング式が多く、後輪の常用ブレーキが兼用されているものと、常用ブレーキとは別のパーキングブレーキを内蔵したものがあります。

センターブレーキ式の構造
センターブレーキ式の構造

ホイールパーキングブレーキ(スプリングブレーキ式)
中期安全ブレーキ規制に対応するため、主に大型トラックに装備されている駐車ブレーキシステムです。従来の駐車ブレーキよりも確実な制動力を発揮するシステムとして、センターブレーキ式に代わって採用されています。ホイールパーキングブレーキは、車輪を制動させる常用ブレーキを作動させるシステムです。パーキングバルブの操作によりブレーキチャンバのエアを排出し、それにより解放されたスプリングの力を利用してブレーキシューを拡げ、強力な制動力を発生させます。
※中期安全ブレーキ規制:トラック・バスのブレーキ強化を目的に国土交通省が定めた規制。


Back   3/4   Next