安定走行性のメカニズム ブレーキ編

3 ブレーキの種類:常用ブレーキ
ドクターT
常用ブレーキには、ドラムブレーキとディスクブレーキがあります。乗用車や小型トラックには前輪ディスク後輪ドラム式や4輪ディスク式、国内の中型、大型トラックにはドラム式が多く採用されています。また作動方式は、油圧式、空気圧式、空気油圧複合式に分類できます。小型トラックは、油圧式が主流で、大型、中型トラックは、空気圧式、空気油圧複合式が多く採用されています。

ドラムブレーキ(リーディングトレーリング式)
ドラムブレーキ(リーディングトレーリング式) 長所
低速域ではすぐれた制動力を発揮する。
ディスクブレーキのパッドに比べ、摩擦材のライニング寿命が長い。
トラックのライニングは、シューにリベット止めされているので、ライニングだけを交換できる。
短所
ドラムが水にぬれると、制動力が低下することがある。
頻繁にブレーキ操作を行うとフェードが発生し、制動力が低下する。

※常用ブレーキの使用頻度が増えると、ライニングの温度が上昇し、ブレーキペダルの踏み込みに対して制動力が低下する現象。

ディスクブレーキ
ディスクブレーキ 長所
ディスクが露出しているので、放熱性と速乾性にすぐれ、高速時の制動に威力を発揮します。
ブレーキパッドの交換が簡単。
短所
ブレーキパッドが小さいため摩耗が早い。


ブレーキの作動方式
油圧式
最もシンプルなブレーキ装置で、油圧によってブレーキを作動させる方式。踏み込む力だけで、力を伝達するため、制動力を高めるためにサーボ装置が併用されています。


油圧式
空気圧式
あらかじめ圧縮した高圧の空気をタンクに溜めておき、空気圧でブレーキを作動させる方式。軽く踏み込むだけで、強力な制動力が得られ、システム全体を軽量・コンパクトにできます。

空気圧式
空気油圧複合式
油圧式と空気圧式の利点を合わせた連動方式。ブレーキペダルを踏み込むときは空気圧を利用し、ブレーキの作動は、応答性にすぐれた油圧を使用します。軽い踏み込みで、すぐれたブレーキ制動力を得ることができます。
空気油圧複合式


Back   2/4   Next