安定走行のメカニズム

2 サスペンションの構造
一般的に乗用車は独立懸架式トラックは車軸懸架式を採用
サスペンションの方式には、大きく分けて独立懸架式と車軸懸架式の2種類があります。

ドクターT

独立懸架式(インデペンデント・サス)
それぞれの車輪を別々のサスペンションで支える方式。操作性にすぐれ、快適な乗り心地とすぐれた小回り性を発揮します。小型トラックは、市街地を走ることが多いため、フロントのサスペンションとして採用している場合があります。
独立懸架式(インデペンデント・サス)
車軸懸架式(リジット・サス)
左右一体の車軸を支える方式。構造がシンプルで耐久性にすぐれていることから、多くのトラックに採用されています。しかし、片方の車輪が受けた路面のショックが、他の車輪に伝わるため、乗り心地が悪いという欠点があります。
車軸懸架式(リジット・サス)

Back   2/4   Next