動力伝達のメカニズム

ドクターT


1 パワートレイン エンジンとタイヤの橋渡し役
エンジンで生まれた回転エネルギーを効率よくタイヤに伝える装置
パワートレインは、エンジンでつくり出された回転エネルギーを効率よくタイヤに伝える装置です。クラッチからトランスミッション、プロペラシャフト、デファレンシャルギア、ドライブシャフトまでの部分をさします(図解1参照)。走る、曲がる、止まるといった車両の基本動作はもちろんのこと、早く走る、ゆっくり走る、坂道をのぼる、くだる、といったさまざまな走行条件に合わせて、エンジンからの回転エネルギーを効率よくタイヤに伝える橋渡し役を果たしています。

図解1:パワートレインの概念図
図解1:パワートレインの概念図



パワートレイン
エンジン

ここでつくり出されたエネルギーを上下運動から回転運動に換えて、トラックを動かすパワーを生み出します。
詳細説明
クラッチ

エンジンでつくられたパワー(回転力)を切ったり、つないだりする装置です。
トランスミッション
回転力を走行条件に合わせて効率よく切り換えます。
詳細説明
プロペラシャフト
回転バランスを保ちます。
デファレンシャルギア
回転を車軸の方向に直角に直すとともに、カーブを切る時などに回転力をバランスよく両輪へと配分します。
ドライブシャフト
デファレンシャルギアからタイヤまで回転力を伝えます。

    1/3   Next