いすゞ自動車の成り立ち

ドクターT


1 乗用車国産化第1号
造船からクルマづくりにチャレンジ
いすゞの前身は、1893(明治26)年に設立された(株)東京石川島造船所にさかのぼります。同社は、1916(大正5)年、自動車生産に関する調査研究を始め、試作を開始、当時好況だった造船業で得た収益で自動車生産に乗り出すことを計画。1918(大正7)年、英国のウーズレー自動車会社と製造権および販売権に関して提携を結び、クルマづくりをスタートさせました。1922(大正11)年ウーズレーA9型乗用車の国産化に初めて成功。1924(大正13)年にはウーズレーCP型1.5トン積みトラックを完成し、軍用保護自動車の資格を得るという成果をあげました。

ウーズレーCP型第1号トラック
ウーズレーCP型第1号トラック

ウーズレー乗用車と深川分工場
ウーズレー乗用車と深川分工場


2 純国産車スミダ号
他社の追随を許さない出力と燃料消費率
1927(昭和2)年東京石川島造船所はウーズレー社との提携を解消し、独自に純国産車の生産に乗り出しました。
この時、隅田川畔の工場から生まれるクルマの発展を願って、車名をウーズレーから「スミダ」に改めました。車名変更にあたっては、一般から懸賞募集したことで大きな反響を呼び、多くの人々に国産車の認識を広める役割を果たしました。
そして1929(昭和4)年に開発したA6型・A4型エンジンを搭載したクルマは、他社の追随を許さない出力と燃料消費率を実現し、スミダ号の名声を一躍高めました。

P型トラック(A6型エンジン搭載2トン車)
P型トラック
(A6型エンジン搭載2トン車)

M型1号バス(A4型エンジン搭載1トン車)
M型1号バス
(A4型エンジン搭載1トン車)


3 いすゞ車の誕生
日本を代表する中型トラックの原点
1929(昭和4)年東京石川島造船所から自動車部門が独立し、(株)石川島自動車製造所を設立しました。
当時の社会情勢は1923(大正12)年の関東大震災以降、破壊された鉄道や市電にかわってクルマが震災復興に大活躍し、日本の自動車保有台数は伸び始めていました。そこで国はクルマの国産化を振興し、商工省標準形式自動車の開発を奨励しました。
石川島自動車製造所はこうしたニーズにいち早く応え、1933(昭和8)年商工省標準形式自動車をつくりました。このクルマは、伊勢神宮の五十鈴川にちなんで「いすゞ」と命名(現在の社名はこれに由来します)。材料から電装品、計器類に至るまで国産品を使用し、日本のクルマづくりの礎を築きました。また、その後の改良により、戦後、いすゞの5〜6トントラックへと発展し、日本を代表する中型トラックの原点となりました。

商工省標準形式自動車TX35型トラック
商工省標準形式自動車
TX35型トラック

「いすゞ」当時の社章
当時の社章

4 DA6型・DA4型エンジン
いすゞディーゼルのルーツ
1933(昭和8)年石川島自動車製造所はダット自動車製造(株)と合併して、自動車工業(株)を設立しました。
自動車工業は、国内マーケットを席巻していたアメリカ車に対抗できる生産規模の拡大と、技術水準の向上にまい進しました。なかでも、まだ欧米先進国においても技術が完全に確立されていなかったディーゼルエンジンの開発に注力し、1936(昭和11)年空冷式ディーゼルエンジンDA6型・DA4型の開発に成功しました。これは、いすゞディーゼルエンジンの基礎となる画期的な出来事でした。
DA6型ディーゼルエンジン
DA6型ディーゼルエンジン

DA4型ディーゼルエンジン
DA4型ディーゼルエンジン

    1/2   Next