トラック誕生までの歴史[世界編]

ドクターT


1 紀元前2500年 シュメールの馬車
シュメールの馬車
車輪の発明で効率的輸送が可能となる
文明が興り、人が集まり、市場が開かれるようになると、一度に大量の農作物を運ぶための手段が必要になりました。このとき用いられたのがソリやコロです。
はじめて車輪の付いた荷車というものを発明したのは、紀元前3000年ごろのメソポタミア文明であったと言われています。また、馬やロバ、そして牛などに引かせる荷車は、紀元前2500年ごろのシュメール文明で用いられたと考えられています。


2 1599年 シモンの風車
シモンの風車
自然の力を利用したクルマ
動物以外の動力源を利用するクルマの代表的なものとして、1599年にオランダの軍事技術者シモン・ステヴィンが作った帆走車があります。
この車両は、帆船のように風の力を利用して走るクルマで、一度に28人の乗客を乗せて海岸を時速24kmで走ったそうです。しかし、風の強さや向きに左右されるため細かいコントロールができず、実用化されませんでした。


3 1771年 クノーの蒸気自動車
産業革命の到来で急進歩
クノーの蒸気自動車
1765年、ジェームス・ワットの努力によって、蒸気機関が実用化されました。石炭を燃やして力を得る蒸気機関は、汎用性が高く、産業用動力源として活用されました。
蒸気機関を小さくしてクルマに搭載したのが、フランスのルイ15世軍の技術大尉であったニコラス・ジョセフ・クノーです。しかし、車体の最前部に蒸気エンジンを搭載していたため前後のバランスが悪く、試運転で壁に衝突してしまいました。


4 1803年 トレヴィシックの乗合自動車 トレヴィシックの乗合自動車
実用的な蒸気自動車
産業の成熟とともに物品輸送のため、クノー以降にも世界各地で多くの人々が蒸気機関で動く自動車を作る試みが行われました。
イギリスのリチャード・トレヴィシックが1801年に作った蒸気自動車は時速14kmで走ることに成功しました。2年後の1803年には、小さな前輪と直径3.2mもの後輪を組み合わせた本格的な蒸気自動車を作り上げました。この蒸気自動車は実用度が高く、「馬より速いスピード」で走り、人々を驚かせました。


5 1886年 カールベンツの自動車 カールベンツの自動車
はじめてのガソリン自動車
19世紀後半、蒸気機関以外の動力源が研究されていました。
ドイツのカール・ベンツは、1878年に独力で2サイクルガソリンエンジンの研究に方針を変えて、開発を進めました。
1886年、ガソリンエンジンの開発に成功し、ドイツの特許を取得。3輪車に搭載して、はじめて本格的なガソリン自動車の開発に成功しました。


    1/2   Next