その他(自主改善及び保証期間延長等)の情報

平成24年10月25日

プロペラシャフトユニバーサルジョイント用ジャーナルの自主改善の実施について


 交換修理用として販売したプロペラシャフトのユニバーサルジョイント用ジャーナルにおいて、不具合のあることが判明しました。つきましては、以下のとおり自主改善を実施いたしますので、ご報告申し上げます。


1、不具合の状況 交換修理用として販売したプロペラシャフトのユニバーサルジョイント用ジャーナルにおいて、ジャーナルベアリングの製造工程で、ベアリングシールを傷付けたものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ベアリングからグリースが流出して潤滑不良となり、最悪の場合、ベアリングが焼付くおそれがある。
2、改善の内容 全車両、ジャーナルを良品に交換する。
  不具合箇所説明図 (PDF:55KB)

3、対象製品
対象の製品名 部品番号 出荷期間 自主改善対象数
ジャーナル 8-97180-697-0 平成23年11月 29
8-97211-135-0 平成23年11月 7
- - 合計 36

(備考) 車両に装着して出荷したものについては、同日付けでリコールを行います。



PDFをご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
ボタンをクリックしてダウンロードしてください。(無償)