その他(自主改善及び保証期間延長等)の情報

平成24年8月31日

エアーコンプレッサ用ガスケットの自主改善の実施について


 交換修理用として販売したエアーコンプレッサ用のガスケットにおいて、不具合のあることが判明しました。つきましては、以下のとおり自主改善を実施いたしますので、ご報告申し上げます。


1、不具合の状況 交換修理用として販売したエアーコンプレッサ及びコンプレッサガスケットにおいて、圧縮エアー通路と冷却水路を隔てているガスケットのビード高さが不足しているため、圧縮エアーがエンジンの冷却水路に浸入し、ラジエータのリザーブタンクよりエアーが吹き返すことがある。そのため、当該タンクよりエンジン冷却水が漏れ、エンジン水温の上昇により水温警告灯が点灯するおそれがある。
2、改善の内容 全車両、エアーコンプレッサのガスケットを良品と交換する。
  不具合箇所説明図 (PDF:91KB)

3、対象製品
対象の製品名 部品番号 出荷期間 自主改善対象数
エアーコンプレッサ 8-98187-308-0 平成23年3月〜平成24年5月 4
ガスケット;エアーコンプレッサ 1-19115-015-0 平成23年3月〜平成24年5月 196
- - 合計 200

(備考) 車両に装着して出荷したものについては、同日付けでサービスキャンペーンを行います。



PDFをご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
ボタンをクリックしてダウンロードしてください。(無償)