リコール情報 トラック/バス

平成29年10月5日届出 リコール届出番号 4125

いすゞガーラのリコールについて

この度は大変ご迷惑をおかけいたしましたことを、心よりお詫び申し上げます。対象車両をお持ちのお客様には、販売会社よりダイレクトメールまたは直接訪問にてご案内差し上げますので、担当販売会社にご連絡いただき、お早めに修理(無料)をお受け頂きますようお願い申し上げます。

1、不具合の内容 大型バスにおいて、エンジン制御コンピュータのプログラムが不適切なため、加速時に一酸化炭素の排出量が保安基準の基準値を超える。さらに、黒煙排出量が増加することがあり、そのため、DPR(ディーゼル微粒子除去装置)にPM(粒子状物質)が詰まりエンジン警告灯が点灯し、DPRが損傷するおそれがある。
2、改善の内容 全車両、エンジン制御コンピュータのプログラムを書き換えるとともに、DPR(ディーゼル微粒子除去装置)を点検し、損傷している場合は新品に交換する。
  改善箇所説明図 (PDF:381KB)

3、対象車両
車名 型式 通称名 対象車の含まれる範囲
(車台番号/製作期間)
対象車の
台数
備考
いすゞ 2TG-RU1ASDJ 「いすゞガーラ」 RU1ASD-60011〜RU1ASD-60044
平成29年7月18日〜平成29年8月30日
23  

<ご注意>
1、対象車の含まれる車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれます。
2、対象車の製作期間はご購入の時期とは異なります。


PDFをご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
ボタンをクリックしてダウンロードしてください。(無償)