GIGA トラクタ エクステリア

空力性能と冷却性能の両立を極限まで追求した、燃費のための新キャブスタイル

エクステリア

すぐれた空力性能を持つキャブスタイル
フロントグリルの開口面積の拡大をはじめ、キャブフェイスリフトにより、ラジエーター・インタークーラー部への風量が大幅にアップ。エンジンの冷却性能が飛躍的に高まり、燃費の向上に大きく貢献しています。また、フロントリッド、コーナーパネル、フロントバンパーの形状を最適化し、空力性能も向上。空力性能と冷却性能を両立する、燃費のために生まれた新しいキャブスタイルです。

コーナーベーン

ブリスターフェンダー

エアダム一体式バンパー

エアロデザインミラー

キャブバリエーション

ハイルーフ

標準ルーフ
ハイルーフの他、標準ルーフを用意しました。輸送条件や運行形態に合わせて最適なキャブをお選びいただけます。

フロントオープンリッド
フロントオープンリッドには、日常点検項目の多くを集中配置。点検整備の効率を高めます。また、各部の防錆塗装やアルミ製部品の多用によりすぐれた耐久信頼性を発揮します。

キャブチルト
フロントリッドオープンでのチルトとなります。

ヒューズボックス

部品再利用の促進
樹脂部品の一部にはリサイクル材を使用しています。また再利用が見込まれる部品には、その材質を明記し材料識別を容易化する等、リサイクルを促進する配慮を施しています。さらに内装のセンターコンソールボックスについては、プラスチック中に再生材料を52%使用し、エコマークの認定を取得しています。

樹脂採用部位

新・ISO方式のディスクホイール
国際基準への調和を図り、ISO方式のディスクホイール、ホイールボルト及びナットを採用しました。シンプルな構造はタイヤ交換や点検・整備の省力化に、シンプルな締付方法はディスクホイール等のライフサイクルコストの低減に、貢献します。また、部品の種類が少ないため、管理の容易化と誤組みのリスク回避が図れます。

従来のJIS方式のディスクホイール、ホイールボルト及びナットとは、構造が異なります。互換性はありませんので、ご注意ください。
ご不明な点は、最寄の販売会社にお問い合わせください。
お取り扱いにつきましては、日本自動車工業会(JAMA)のホームページをご参照ください。
http://www.jama.or.jp/user/pdf/iso_wheel_100203.pdf (PDF:2.3MB)